2011年05月28日

ツール・ドくまの

今日は朝から雨 予定の草刈をやめて温泉へ
R311を走っていたら いたるところに交通規制の看板や 進路指示の大きな
矢印の看板 それに交通指導員の姿がいっぱいいた そうか今日は自転車
レースの日だったのか‥ UCI(国際自転車協議連盟)22のアジアツアーとして
国内チーム 海外チームが参加する国際レースです 自然豊かな熊野を舞台に
行なわれ 自転車の普及や地域振興に役立つべく 今年13回目です
ちょっと写真を撮ろうと矢印に従ってポイントを探して走行していたら丸山千枚田
まで行ってしまった そこには多勢のプロ・アマチュアのカメラマンが三脚をたて
棚田をバックに一瞬の写真を撮ろうと陣取っていました 隅っこで撮りました

先導のバイクに付いて トップの二人組が登ってきました
2011_0528turudokumano0001.JPG

2011_0528turudokumano0002.JPG

どんどん登って来ます
2011_0528turudokumano0007.JPG
近くでは大きな息吹きがきこえてきます
2011_0528turudokumano0010.JPG 
女性レーサーも数人見かけました
2011_0528turudokumano0020.JPG

2011_0528turudokumano0021.JPG
最後のレーサーはいっぱいの車を従えておりました
2011_0528turudokumano0027.JPG
一瞬の間に通りすぎて まだ上の方まで走って行きましたが 最後のレーサーは
タイムオーバーだったらしく 登りきった所でゼッケンを外されているのが見えた
2011_0528turudokumano0022.JPG

ヨーロッパではメジャーな自転車レースも日本ではまだまだでしょうが数人のスター
選手がいるようです 交通規制のしやすい地方でしか出来ないもんね〜 
posted by tomisan at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月23日

片道40分

熊野市・山間部の育生町まで弁当の配達です

熊野市社会福祉協議会からの依頼で2ヶ月に一度老人会の弁当を持って
行きます 人口270人ぐらいの町ですが毎回50〜60人の皆さんが寄ってきて
協議会の人共々近況報告やら折り紙やらでふれあいの場を楽しんでいます
今日は茶摘みで来れない人が多く 参加者は44人でした

2011_0523haitatu0001.JPG
一山越えて行きますが 山の上は霧で視界不良
2011_0523haitatu0012.JPG
山を越えたら 七色ダム 対岸は奈良県 手前の峡谷を下っていくと瀞八丁
2011_0523haitatu0010.JPG
行き交う車もなく所によってはライトが必要
2011_0523haitatu0009.JPG
いつも会場になる(かっては青年の家?宿泊ができた)配達場所
2011_0523haitatu0003.JPG
会場前から
2011_0523haitatu0004.JPG

育生町は山間部にあっても農村と云えるのかな田んぼが多く 周りの山林での林業も
あって昔はよく栄えた町です 熊野市の中でも最も過疎化の進んだ所だといえるのかも

通りからちょっと見上げた所に立派なお寺が見えました 常駐の僧侶はいないようです
2011_0523haitatu0006.JPG
posted by tomisan at 17:17| Comment(4) | 日記

2011年05月16日

赤木城

丸山千枚田の田植え祭りを見物後 2キロ程離れた所の史跡・赤木城跡に廻ってみた

赤木城 西暦1588年熊野・北山地方で豊臣秀吉の検地に反対して 地侍による
「天正一揆」が起こったことで 翌年 築城の名手藤堂高虎(江戸城・名古屋城・
津城・伊賀上野城などの築城担当)が一揆制圧のため拠点として築いた城です
こんな山間部に藤堂高虎の出番かとおもわれるも この地は新宮から大和の国
吉野に至る「北山街道」を押さえる位置にあり また当時建築ラッシュだった
豊臣政権が熊野地方の優良木材をいかに必要としていたかを物語っています

2011_0515taueakagi0007.JPG

2011_0515taueakagi0004.JPG 2011_0515taueakagi0010.JPG

2011_0515taueakagi0005.JPG 2011_0515taueakagi0011.JPG

交通の便も悪く訪れる人もない山間部ですが 景色がよく空気がよく静かで
昔の騒動が想像できない まったくいい所です


一揆制圧の際 処刑場となった田平子峠がすぐ近くにあります 363名が処刑
されました 地蔵尊に花が生けてありました
2011_0515taueakagi0015.JPG

posted by tomisan at 18:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

千枚田の田植え祭り

地域の過疎・高齢化により 530枚位まで減少していた田も 地元住民が
この素晴らしい景観と農耕文化を後世に伝えなければと「丸山千枚田保存会」を
結成 今では1340枚まで復活(かっては2200枚)しました。 紀和町ふるさと公社
では一部をオーナー制度にして 昔ながらの手作業による田植え・稲刈りを体験して
いただき 一緒になって千枚田を守っていこうという展開をしております 毎年100組
もの応募があるそうです 今年の田植え祭りには680名も参加者がありました

2011_0515taueakagi0017.JPG
熊野市長の挨拶もあり めはり寿司にぎり体験・カブトムシの幼虫プレゼント など…
2011_0515taueakagi0019.JPG
泥田に足を取られながらも
2011_0515taueakagi0028.JPG
保存会の人もお手伝い
2011_0515taueakagi0027.JPG
テレビ局も取材に
2011_0515taueakagi0022.JPG
こちらは小さい子供が
2011_0515taueakagi0030.JPG
家族の田植え姿を記念に
2011_0515taueakagi0023.JPG
こちらは神奈川からのグループです
2011_0515taueakagi0024.JPG
田植え完了の舞
2011_0515taueakagi0026.JPG

このあと6月中頃に伝統行事の虫おくり行事があります 幻想的なその風景を都合を
つけて観にきたいものです

posted by tomisan at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月13日

最後の鍛冶屋

この地方に残っていた野鍛冶屋が最後のお披露です
熊野古道・松本峠を市街地の方へ下りると親地町(漁師町)です 町の中の
古道通りを通って花の窟神社(日本最古の神社)へ向かうと 直ぐに東紀州
まちかど博物館
の「音鍛治」があります 三代にわたり百数十年続いた鍛冶屋
です 三代目は数年前に亡くなりましたが 古道を訪れる人たちは 生前は珍しい
作業風景を今は博物館となった作業場を覗いていかれます
包丁や農具や漁具 評判のいい鍛冶屋だったのですが 使っていた工具等は
熊野市歴史博物館に陳列されるようです

写真好きだった三代目の作業風景が壁にかけてありました
2011_0513otokaji0012.JPG
左のフイゴはたぬきの皮を使用しているようです
2011_0513otokaji0010.JPG
使用していた工具
2011_0513otokaji0007.JPG

公開最後の日なので 奥さんも応対にいそがしそうです
2011_0513otokaji0004.JPG


2011_0513otokaji0011.JPG

三代目は明るくて気さくないい人でした また熊野の灯がひとつ消えました


朝の有馬町の水田地帯です 雲が下りてるのでなく水蒸気が上へ登っていく
ちょっと変わった風景
2011_0513otokaji0001.JPG

2011_0513otokaji0002.JPG


posted by tomisan at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月09日

ゴールデンウイークも終わりました

熊野市の海岸部を走るR42も平常に戻りました
南紀を訪れる車での行楽客はここを通り 串本や潮岬・熊野本宮や那智の滝・
勝浦温泉や湯の峯温泉へと向かいます 熊野市はほとんど通過点になりますが
遠くから山の中を走ってきたドライバーは突然目の前に開けた太平洋や七里御浜
の雄大な景観に感動を覚え 道路沿いの花畑に心身ともに癒されます
この花の植え付けや水やりは ボランテイアで近くの方が世話をしております
(中央の岩は獅子岩です)
2011_0509hanaa40009.JPG

連休後の有馬町の水田地帯です ほとんどの田は田植えが終わっています
十数年前までは 連休に帰省してきた家族と一緒ににぎやかに 昼はゴザを
敷いた上でお弁当をひろげた光景が あちこちで見られたものです
機械化が進んだ今では 都合のいい日に一人で数時間で済ませてしまいます
2011_0509hanaa40014.JPG

私の連休最終日はsihokoの育てている花の草刈りでした 花の名前も知りません
が 目をひいた数点をちょっと…
2011_0509hanaa40002.JPG

2011_0509hanaa40003.JPG

2011_0509hanaa40004.JPG

2011_0509hanaa40008.JPG

posted by tomisan at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月05日

20年に一度のお祭り

新鹿町(車で20分)の徳司神社で「お木曳き祭り」が今日開かれました
神社の立替に使用する大木(神木)を披露する行事で 青年団の唄う木遣り唄
とともに町内を巡行します 20年に一度のことなので 仕事の合間に駆けつけ
目に焼き付けてきました

新鹿町の全景です 日本一水のきれいな海水浴場です
2011_0505tokusi0039.JPG

徳司神社
2011_0505tokusi0022.JPG

2011_0505tokusi0024.JPG

朝8時に神社を出発して午後3時頃まで町内を巡行します
2011_0505tokusi0028.JPG

2011_0505tokusi0032.JPG

2011_0505tokusi0034.JPG

2011_0505tokusi0037.JPG
青年団はこの日のために伝統の木遺り唄を何ヶ月も前から練習してきました
この祭りは青年団が主体で催されてているようです 新鹿青年団に敬意を表します
posted by tomisan at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

オープンガーデン

5月4日久し振りに京都・宇治まで出掛けようと 車を走らしたが町はずれまで
行った時 片道4時間を思うにどうも体の調子が本当ではない 2回続けた草刈りの
せいだろう〜  引き返してきた  
家でじーっとしているtomisanを見かねてsihokoが「オープンガーデン」を見に行こう
と誘いがあり予定変更となった

熊野市では「花いっぱい運動」の取り組みとして、ガーデニングを楽しんでいる家庭の
お庭を一般公開していただき、花による交流の輪を広げる「オープンガーデン」を行って
おります 11年目の今年は市内25戸のお庭が公開されております

千枚田のオートキャンプ場
2011_0505renkyuu20003.JPG

紀和町のお宅
2011_0505renkyuu20005.JPG

2011_0505renkyuu20006.JPG
2011_0505renkyuu20009.JPG

育生町の憩いの広場
2011_0505renkyuu20011.JPG

2011_0505renkyuu20012.JPG

金山町のN邸
2011_0505renkyuu20016.JPG

2011_0505renkyuu20018.JPG

2011_0505renkyuu20017.JPG


金山町のホテル熊野倶楽部
2011_0505renkyuu20021.JPG

2011_0505renkyuu20020.JPG

いつもはsihokoが一人で廻っていますが 遠くて狭い山道を通らなければ
ならない所を今日は行ってきました あとは仕事の合間をみて全部を廻る
ようです

途中に寄った 丸山千枚田  田植えを見たかったが今年は水が少なく
もうちょっと后になりそうだ 連休で観光客も多かったのにね
2011_0505renkyuu20002.JPG

2011_0505renkyuu20001.JPG

posted by tomisan at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月03日

熊野にも黄砂

日本中が黄砂におおわれているようだ
熊野自慢の景観もさっぱりだ 遠くの山がかすんで今にも雨が降って
きそうな妙な天気
2011_0503kousa0005.JPG
こんな かすんだ風景を眺めながら 今日も湯の口温泉に行ってこよう
2011_0503kousa0006.JPG
ここは御浜町・尾呂志地区 数年前にツチノコの目撃情報があり
捕らえた者には懸賞金が出るとのことだったが…
2011_0503kousa0007.JPG
すぐ横には 熊野古道の風伝峠があります
2011_0503kousa0019.JPG
温泉手前の北山川 三重県と和歌山県の県境 川原にカヌー遊びのテントが
2011_0503kousa0014.JPG
上流の瀞八丁の渓谷美を観光するジェット船が 観光客満載で走ります
2011_0503kousa0015.JPG

いつも来る湯の口温泉です 歴史は古く南北朝時代から金山発掘の地として
栄えていた当時から 近隣の人達に湯治湯として開放されていた温泉です
疲労回復や運動機能の回復などいろいろな効能がありますが 近年美肌効果
の成分が多いと売り出し中です
 2011_0503kousa0013.JPG
鉱山として栄えていた頃の遺産 トロッコは観光客を乗せもう一つの温泉
清流荘へ10分で運びます
2011_0503kousa0011.JPG

家に帰ってきたらsihokoが五月人形を飾っていました
2011_0503kousa0021.JPG

昼からは山の家に行って この前の草刈の続きをしてまた疲れた温泉に行こうかな…
posted by tomisan at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記