2012年08月27日

熊野では

8月27日 沖縄地方は超大型台風15号にみまわれております
熊野の七里御浜は白波がたつ程度ですが 暑い一日になりそう
羽市木の海岸
2012_0827nihime0001.JPG

R42をはさんで花の窟神社とお綱茶屋がありますので ちょっと寄ってみた
お綱茶屋の駐車場から入る
2012_0827nihime0018.JPG

観光バスが一台駐車しておりました
2012_0827nihime0017.JPG

2012_0827nihime0014.JPG

2012_0827nihime0004.JPG

2012_0827nihime0016.JPG
新姫とは2009年に熊野市新鹿町でみつかった新種の柑橘類で 酢だちや柚子などと
同類の香酢の新種です 新鹿町の新と小さくて可愛い姫の姫をとって新姫と名付けられ
ました さわやかな香りと甘酸っぱい中のちょっとの苦味が特徴です 熊野市だけの特
参物として紀和町ふるさと公社で売り出し中です 新姫ドリンクや新姫サイダー・新姫キャ
ンデーなどがあります 私はここで新姫ソフトクリームを買いましたが これはお薦めです
 さわやかな風味で後味も良くいくつでも食べれそうだ!
新姫の原木のある新鹿町では青年団が青年団農園で栽培しております 新姫は熊野市
の新しい特産物として大きな位置を築いており定着しつつあります
日本最古の神社 花の窟神社
2012_0827nihime0005.JPG

稲荷様もあります
2012_0827nihime0007.JPG

右手の丸い石はパワーストーンです 上に水を掛け3回撫でてその手を体の悪い所に
あてると楽になるそうです
2012_0827nihime0008.JPG

右手のおおきな岩がご神体です

2012_0827nihime0009.JPG 2012_0827nihime0011.JPG

日本最古の神社 花の窟神社はパワースポットとして近年若い人たちも参拝
に訪れます 私もちょっと寄っただけですがパワーは授かったかな!




posted by tomisan at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月25日

暑くとも

今日は仕事は休みだった 午前中はまず山の家の草刈です 
木本町の中心地を眺めながら
2012_0825sennmai10001.JPG
久し振りの山の家はジャングル状態だったが 3時間連続の草刈でなんとか歩ける道を
作り上げた状態にしたのですが 暑い中体が悲鳴をあげた
ふしぶしの痛み・筋肉痛が湯の口温泉へ行けと叫んでる! 汗まみれのまま自宅で
二日前のカレー(sihokoが連日煮込んでいたので旨みアップ)をかけ込み 湯の口へ

途中ちょっと寄り道して丸山千枚田の様子を観に行ってきた 2012_0825sennmai10003.JPG
9月9日にオーナー達が寄り会い にぎやかに稲刈祭りが行なわれます
2012_0825sennmai10004.JPG

2012_0825sennmai10005.JPG

蓮の花もありました
2012_0825sennmai10007.JPG
熊野市の花 ささ百合も
2012_0825sennmai10008.JPG 

電流の流れるサクをもうけ獣害を防ぎます サルや鹿・猪がこの前は熊までが熊野市の
水稲・畑の作物・みかんを狙って現れ我が物顔で荒らしていくのです
2012_0825sennmai10006.JPG

紀和町の清流荘の前の北山川ではアユ釣りの人が 瀞八丁巡りのジェット船を釣ろうと
しておりました
2012_0825sennmai10011.JPG

4時頃の湯の口温泉です 暑いなかでもいっぱいのお客さんです 三重・和歌山・奈良
名古屋・和泉のナンバーが並んでおります
2012_0825sennmai10013.JPG

温泉の効能がよく効くようにとゆっくりと長湯です 浴後は汗をおさえるためにとっておきの
場所があります すぐ近くに鉱山跡の坑道があります 鉱道奥からとっても涼しい風が
流れるように出てきて 知る人ぞ知る避暑地です ベンチもあって休めます
2012_0825sennmai10014.JPG

16度の世界です 市街地は34度なのに
2012_0825sennmai10017.JPG 
鉱道内から見る観光トロッコの湯の口温泉駅
2012_0825sennmai10018.JPG

5時半ごろ自宅へ帰りゴロっと昼寝 体を休めることに専念する こんな一日
posted by tomisan at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月19日

那智山へ

8月18日
花火大会の翌日 市街地は元の静かさに戻っております 浜では市の職員が
早朝からごみの整理をしております…ご苦労さまです…

私はshihokoと娘のtamaちゃんshihokoの姉妹家族らと久し振りに那智山・
青巌渡寺に参拝とお経を貰いに行ってきた 
2012_0818natisan0003.JPG

2012_0818natisan0001.JPG

2012_0818natisan0002.JPG

2012_0818natisan0009.JPG

2012_0818natisan0004.JPG

お公家姿の参拝者もおりました(熊野古道・大門坂の茶店で貸衣装があります)
2012_0818natisan0005.JPG
この二人連れは親子のようでした
2012_0818natisan0007.JPG

私の左手にお経の描かれた念珠…一緒にいた姪からのプレゼント…
2012_0818natisan0013.JPG

那智山へ参拝のあと宇久井の国民休暇村で温泉の露天風呂へ
2012_0818natisan0011.JPG

2012_0818natisan0010.JPG

大きなショッピングセンターでゲームを楽しんだり 男大人一人・女大人6人・女児2人
が食べたり・遊んだりの一日でした 心身共にリフレッシュしたような感じ!
posted by tomisan at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月18日

花火撮影に失敗

8月17日 熊野大花火大会が七里御浜で開催された
毎年この日は寿司の弁当作りに追われます なにせ17万人もの観光客が
訪れますので どこの食堂や弁当屋さんは目のまわる忙しさです
私共でも普段製造している惣菜類・幕内弁当には手がまわらず 寿司一辺倒です
本日は さんま寿司・あじ姿寿司・昆布巻寿司・めはり寿司・寿司詰合せ・だけです
予約も含め毎年買ってくれるうれしいお客さんもありますので とにかく作れるだけ
作りますが完売です(私たちも花火見物にいきますので その時間は確保)

今年も愛用のカメラで花火撮影と張り切っておりましたが さて花火が上がっても
カメラが作動しません…あわてました〜… 真っ暗な手元ではなかなか元に戻らず
仕方なく使ったことのない携帯電話のカメラで2〜3枚撮って 今年はあきらめて
じっくり花火見物です ちょっとしょぼくれて…
古〜い携帯で撮りました
20120817205821.jpg

20120817205834.jpg

フィナーレの鬼ケ城大仕掛けまでゆっくりと堪能 今年の熊野大花火大会も
よかったで〜

 「やまか」の8人がこれを着用して今日一日頑張りました
私やshihoko・kenの分はtamaちゃんからのプレゼント(年寄りはお得)
2012_0818natisan0014.JPG

posted by tomisan at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月14日

なすすべもなく

今日はちょっとだけ仕事をして ほとんどが休日(盆休み)だった
草刈の予定だったが雨が降ったり止んだりの不順な天候 やむなくテレビの番人
行動派の自分にはなんともつら〜い一日だった

熊野の迎え火は13日〜15日の間 門口で松明を炊き先祖さまを迎えます
2012_0805bon0007.JPG

仏壇には果物やなす・さつまいも・菓子などで遠い所から来た先祖さまをねぎらいます
今日は知り合いから頂いた広島のもみじ饅頭も上がっております
2012_0805bon0006.JPG

一年振りに家族との会話もはずみ ゆっくりとくつろいだ後 15日の夕方に送り火で
またあの世へ帰って行きます 私共は浜で線香に灯を燈してお送りします そのおりに
食べ物も持たしてやりたいのですが今は海が汚れるとのことで自粛しております

初盆の家庭での精霊流しは少し大目にみてやろうが熊野の人情です 
2011_0815syouryou0013.JPG
2011年のある家庭の精霊流し
2011_0815syouryou0014.JPG

真っ暗な海へ灯りのついたたくさんの精霊台が 引き潮に乗って沖へ沖へと流れていきます
幻想的なその風景は熊野の夏の風物詩です(灯りが見えなくなるまで浜で見送る家族の
ことを思うと…不謹慎かな) お盆には帰って来いよ〜と願いつつのお別れです
お送りのときに浜で花火を上げる家庭もあります それが8月17日の熊野大花火大会
の起源です もとは熊野市木本町の初盆の家庭が主体だったのですね〜 今では
15万人もの観賞客が訪れるほどの熊野市の一大イベントとなりました

迎え火・送り火・精霊流しなど昔からの風習はいつまでも残していきたいものですね!
posted by tomisan at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月06日

大きなイベントが連日

8月4日
「紀和の火祭り」 熊野市紀和町小川口河川敷 
今回は時間的に行くことが出来ませんでしたが 例年大変な賑わいです
地元商工会やふるさと公社による おでんや金魚すくい等の屋台が並び
コーラの早飲み大会もあったらしい なんといっても火祭りのメインは
柱まつりです 高所にあるカゴ目掛けて火のついた松明を投げ込むのですが
暗闇の中 手元で振り回す円とカゴ目掛けてとんでいく松明の放物線の光跡
がとっても美しく感動的なのです 得意?のカメラで来年は撮りに行こう!

8月5日
紀伊半島太鼓フェスタ2012「響鼓in熊野」 熊野市記念通り
今年で17回目を迎え いまや熊野市の夏の風物詩となっております
熊野近辺の太鼓愛好会をはじめ石川県や奈良県などの10団体がそれぞれの
腕前を披露してくれます 老いも若きも日本人は和太鼓が大好きです!

オープニング演奏は東北復興支援スペシャルゲストの福島県「山木屋太鼓・山猿」
が「震災でメンバーは バラバラに避難しながら活動しており 故郷を思いながら
太鼓を打っております」と力強く感動的な演奏で始まりました

荒天のため野外ステージが使えず 熊野市市民会館で開場です
ちょうど地元の「熊野鬼城太鼓」が演奏中でした
2012_0805taiko0012.JPG

市民会館の表通りの記念通商店街では歩行者天国となり いろいろな団体が
屋台やビヤガーデンを出店しておりましたが ま〜気の毒なほどの雨模様
皆さんクーラーのきいた市民会館で太鼓を楽しんでいるのかも
2012_0805taiko0002.JPG

2012_0805taiko0006.JPG

とにかく熊野市はイベントや祭りの多い所です 夏になると毎週のように各地で行われて
おります 昔からの行事や近年始まったイベントもですが ほとんどが地元の若者が
運営しております 各地それぞれに工夫をこらした企画があり 熊野の若者の元気さ
に頭が下がります 市も地域の活性化にと応援をしております 

熊野って所は人はおおらかだし自然美いっぱいだし ほんと〜にいい所です
収入の割りにちょっと物価が高いかな〜
posted by tomisan at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月01日

あじ寿司の出来る頃

熊野地方の時季を感じる食べ物にアジの姿寿司があります
頭ごと食べれるちょうどいい大きさの小アジが揚がります
2012_0801ine0005.JPG 2012_0801ine0006.JPG
「今年はまだか〜」のお客さんの声が早くからありましたが 3〜4日前からやっと
販売できるようになりました 皆さんお待ちかねの寿司です(台風10号で海が荒れて
本日は漁獲なし)

この時季の有馬町の水田地帯です グリーンのジュウタンが美しいも実も付けています
2012_0731inaho0004.JPG

2012_0731inaho0005.JPG

七里御浜では8月17日の熊野大花火大会にむけての場所取りでビニールの花が
2012_0801ine0002.JPG
今年は昨秋の台風被害で山間部道路の通行止めがあり R42が大渋滞の予想 

posted by tomisan at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記