2013年03月27日

もう、夜桜の時期

この一ヶ月ちょっとの期間は何かと忙しくブログに手が廻りませんでした
年齢とともに余裕の時間作りが難しくなってきたのかな〜
 
   気がつけば井戸川の桜が満開だった 3月27日
2013_0327gan0021.JPG
 対岸では夜桜が楽しめます この川は1年半ほど前の豪雨で氾濫して近辺に
 大被害をもたらしたのですが 今は元とおりの流れです
2013_0327gan0019.JPG

この2ヶ月の間 身に起こった出来事を記録としてブログに残しておこう!
      
2月中頃   便秘・下痢が3〜4日続き出血も少し見られたので 近くの医院へ行く
         痔でもなかったので 内視鏡検査の出来る隣町の医療センターを紹介
         してもらう

2月14日   医療センターの外科・肛門科で紹介状を持って行き初診を受け 内視鏡
         検査の日を決定

2月19日   内視鏡・下部消化管内視鏡検査
         3日前から消化の良い食べ物を実践 当日朝6時から腸内の清浄のため
         2リットルの水溶液を呑み 検査まで6回もトイレに行く 
         ポリープを二つ取り 肛門近くに潰瘍があったのでその組織を摘んでくる
         作業全てをモニターで見ることが出来るので時間の経過も判らなかったが
         研修医みたいな検査官だったので 少し心配する

2月26日   検査結果を聞きにいく あきらかに大腸ガンであることを宣告されたが そ
         の程度がよく判らず もう一度組織の採取をしますとの事

3月5日    再び内視鏡・下部消化管内視鏡検査 あの研修医みたいな検査官がここ
         ろなしか申し訳なさそうな顔つきだったように思える 付き添いの検査官に
         患部の位置を尋ねたら肛門から20センチぐらいとのことだった ちょっと安心
         した 人口肛門にならないで済むようだ

3月12日   上部消化官内視鏡検査(ルーチン) いわゆる胃カメラの検査
         ポリープを2個ぐらい摘出 組織を調べる

3月18日   注腸検査 生まれて初めてのC・T検査
         診断の結果 どこにも移転していないようだ 3月25日に手術
         して2週間の入院を告げられたが その日程後半に4日間ほど
         どうしても抜けられない用事があるから手術日を延ばしてもらう
         ことに そしたら手術担当医もそのあとの一週間は都合がつかず
         結局5月1日が手術日になった それまで延ばしてもガンの進行
         は大丈夫かなと心配するも大丈夫のようです
         その準備のためか4月1日に腹部エコーによる検査があります

昨年暮れのshihokoの胃がんに続きtomisanの大腸がんも早期発見だったので
何の心配もないほど今のガン治療は日進月歩の発達をみます 二人に一人はガン
であると云われている現在です 何よりも早期発見であってよかったと思います
私が通う病院でもこの手術を行なえる医師が6人もいます ひょっとしたら手術日
が早まるかもしれません まあそれまで何時もとおりの馬力で仕事に精出すことに
しよう
息子や娘に一度は海外旅行へ行ったらと勧められて 4月にグアム島にsihokoと
行ってくる予定です(手術日を延ばした要因・1月に予約済み) ダイヴィングでも
楽しんでこようかな!

posted by tomisan at 17:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記