2015年03月29日

開花宣言2015

3月29日 我が家の桜もようやく咲き始まりました、他所に比べて一週間ぐらい遅い
ようです、この桜は土壌が悪いのか発育も遅いように思われます。
IMG_4370.JPG

IMG_4369.JPG

同じ時期に同じくらいの苗木を植えた井戸川沿いの桜は倍ぐらいの大きさになって
提灯を着けてもらい皆さんの花見に役たっております。
IMG_4367.JPG

R311では今観ておけよとばかりの満開の桜があちらこちらと続きます
IMG_4358.JPG

IMG_4360.JPG

今日29日は育生町の小森地区で桜祭りがありますが、あいにくの雨で気のどくです。


posted by tomisan at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月27日

一番風呂

紀和町の[湯の口温泉]の新施設が26日オープンしました。湯の口温泉愛好家の私に
とって待ちに待った出来事で早速に開業初日の一番風呂を楽しみに行ってきました。
午後1時から熊野市長や県議等が参列したオープンセレモニーがあり、その后はいつも
通りの営業です、私は6時過ぎに入館しましがもうかなり空いていて新施設の木の香りや
良質のお湯を満喫しました。

帰りにはちゃっかりとお客さんの邪魔にならぬように写真も撮ってきました
IMG_4361.JPG

施設の看板と入り口です

IMG_4344.JPG

広いロビーには熊野材の香りが漂い、熊野特産の(新姫ドリンク)が無料でふるまわれて
おりました
IMG_4350.JPG

脱衣場も木の香りが漂いゆっくりとくつろげます。
IMG_4349.JPG

内湯は旧施設の倍ぐらいの広さで毎分1200リットルの豊富な湯量がそれを満たしており
ます
IMG_4366.JPG

熊野の山々に囲まれた自慢の露天風呂には、立ち湯・寝湯・半身浴湯等があり源泉
賭け流しの湯でゆっくりとくつろげます。
IMG_4363.JPG


IMG_4365.JPG

ちょっと心配なのは、立ち湯の深さが1メートルあります、小さい子が誤って入るとおぼれ
ないかと思われます、ここは.ちょっと工夫がいるのでは〜

豊富な湯量と良質な温泉・山中の秘湯・湯治宿泊施設完備 の魅力に加えて地元熊野
材をふんだんに使った太い柱や梁の組み合わせの超迫力と香りが新たに参加です。

人って勝手なものだと改めて思います、昨日まで旧建物のひなびた感じが良かったのに
な〜と思っておりましたが今日新施設に入ったらすっかりファンになり、旧のことはすっかり
忘れてしまいました。帰りには39枚綴りの回数券を買いましたがshihokoが横でほくそ
笑んでおります、自分で半分は使うつもりなんでしょう。

温泉っていいものです、特に(湯の口温泉)は直ぐに行けるので最高です。





posted by tomisan at 16:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月16日

久し振りの墓参り

3月15日
今日は雨予報、庭の手入れもままならず。しばらくぶりに京都の宇治まで走ってきました。
いつもは大台の原生林を横断して奈良の山奥・柳生の里を経由の山間コースを走りま
すが4時間かかります、距離的には随分遠くなりますが熊野市まで延長になった高速
道路を利用して京滋バイパスの宇治東までズーッと高速道路を走って行きました、便利
なもので2時間半で到着しました。

こんな山の中に立派な道路です、随分お金も掛かっただろうね利用しなくちゃね!
IMG_4341.JPG

IMG_4340.JPG

トンネルが非常に多いのですが、ところどころから観える景色にほっと癒されます。
IMG_4343.JPG

今日は天気が良くないので、お墓詣りの人がいません、
IMG_4328.JPG

ここの墓地を囲むきれいに剪定された植木が、此処に着いたことを感じさせてくれます。
IMG_4335.JPG

なかなか来れませんので よくよくお参りして現状報告もしてきました。

IMG_4329.JPG

2時間半(今までは4時間)で行くことができるようになりましたので、もうちょっと来る
ようにしよう。
 


posted by tomisan at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

やすらかにお眠りなさい

3月8日(日)
我が家には一階と二階にトイレがあります、普段の生活は一階がほとんどで二階の
トイレはほとんど使用することがなかったのですが〜 このごろ歳のせいか夜中に用を
もようすことが度々になってきました、一階まで下りていくのも面倒なので二階を利用
することとして、不足していたウヲッシュレット付けることになりました。
早速ネットで購入して自分で取り付けました、取扱い説明書通りに作業すればいとも
簡単でした。

IMG_4324.JPG

IMG_4323.JPG

完成後ちょっとズレがありましたが、このあときれいに修正しまして、今はバッチリです。


作業後はいつも休日の楽しみな温泉に行こうにも、湯の口温泉は只今工事中で利用
出来ません、隣のホテル清流荘の湯に浸かってきました。
(湯の口温泉)や(清流荘)の温泉を浸かりに行くのにR311を走って行きますが、
入鹿地区でちょっと入った所に第二次大戦中に南方で捕虜になった英国戦士のお墓
があります、病気で亡くなった人たちなのですが、終戦後皆と一緒に帰国出来なかった
のはさぞかし無念だったに違いありません、地元の人達ともよく溶け込んだ生活が
あったのでしょう地元の人達がお世話をしているお墓です。英国からも遺族の方々が
何回かお参りに来ていました。
IMG_4326.JPG

IMG_4327.JPG

紀和町には(湯の口温泉)(ホテル清流荘)(紀州鉱山跡)(丸山千枚田)(赤木城跡)
(布引の滝)など訪れたい所がいっぱいあります、昔からのものは大切にしましょう。
posted by tomisan at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月01日

雨中の史跡

3月1日
朝から大雨です、休日恒例の温泉行きは「湯の口温泉」が移転のため休業なので
近くのホテル「清流荘]のやすらぎの湯へ行ってきた、帰路時間があったので雨の中の
「赤木城跡」と「丸山千枚田」を観てきました。

雲海の中じゃなく 雲下の赤木城でした。(雲海に浮かぶ赤木城を少し期待しておりましたが
しばらく待ってもこのままでした、またの機会に臨みましょう)
IMG_4317.JPG

IMG_4319.JPG
地元の有力な豪族が中心となって一揆を起こした背景には、豊臣政権の厳しい検地
があったようです、ここに築城した藤堂高虎は何百人もの農民を処刑しております。

今でこそ開かれた地にありますが、昔は山の中で検地逃れの隠し田だったと云う説も
あります. 「丸山千枚田」
IMG_4322.JPG

今日の休日は雨でゆっくりしましたが、そろそろ草刈りや剪定の時期になってきた、体
力の衰えてきたこのごろではつらいこっちゃ〜
posted by tomisan at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記