2016年01月20日

「心」打つ話

1月17日(日)午前中だけの仕事を終え、昨秋開通した新宮〜串本間の
高速道路を走ってきました、トンネルばかりで面白味はないのですが、こ
れで和歌山市までがうんと近くなりました。紀伊半島を周回する高速道路
は夢のような話だったのですが、どんどん現実味を帯びてきました、全線
開通が楽しみです。
串本町の観光スポット「橋杭岩」
DSC00566DSC00566.JPG

目の前の紀伊大島へは立派な大橋をわたります
DSC00569DSC00569.JPG
大島から串本港を望みます、
DSC00568DSC00568.JPG

大島を横断するように走った先が樫野崎で灯台やトルコ記念館があり、
今話題の日本・トルコ合作映画「海難1890」の発祥の地です。現地
でロケも行われました。

1890年9月 日本からの帰途強風にあおられたエルトウールル号は
紀伊大島の樫野崎に連なる岩礁に激突し600人もの人が投げ出され
たそうです。大島村の住民は総出で救助と介抱に当たります、台風で
大島村の住民も漁に出られず蓄えが僅かだったにもかかわらず、非常食
や衣類を提供し献身的に救助に務めました、死亡・行方不明者587名
という大惨事でしたが、大島村の住民たちのおかげで69名の方が生還
することができました。
ロケで使われた古民具や建物
DSC00570DSC00570.JPG

慰霊碑
DSC00577DSC00577.JPG

トルコ記念館
DSC00572DSC00572.JPG

DSC00573DSC00573.JPG

DSC00574DSC00574.JPG

DSC00575DSC00575.JPG

記念館横から座礁した岩礁が見られます、手前から一番先の岩礁だそうです。
DSC00578DSC00578.JPG

以降125年 日本とトルコは友好国となりましたが、より絆の深まる
事がありました、日本・トルコ合作映画「海南1890」が生まれた
大きな一因です。

1985年3月 イラン・イラク戦争時のトルコからの恩返し
大統領サダム・フセインは40時間後をメリットにイラン上空を飛ぶ航空機
は民間航空機であろうと、いかなる国の機体であろうとすべて撃墜する、と
宣言します。
世界各国は自国民を救出するために救援機を出し自国へと退避させましたが
、日本政府は素早い決定が出来なかった為に、216人の日本人が空港に取
り残されてしまいました、イラン大使館の大使はトルコ大使館に窮状を訴え
ます、トルコは即座にトルコ航空をイランに派遣しタイムリミット僅か1時
間15分前にトルコ領空へ216名の日本人全てを退避させます。
この時日本大使はトルコ大使にこんなことを言われたそうです、
「あの時の恩を返す時がきた」

搭乗を日本人に譲りイラン空港に取り残されたトルコ人の中には徒歩で3日
間かけてトルコまで帰って来た人もいるらしい。

主演の内野聖陽は舞台挨拶でこの映画の主演は「心」ですと言っています。
助け合いの心、おもてなしの心、奉仕の心、日本人の心は素晴らしい。

この映画「海難1890」を観るときはハンカチは必需品だそうです。

インターネットって便利なものですね、こんな事あんな事が即座に調べ
られまたひとつ勉強になりました。



posted by tomisan at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月12日

今年2回目の本宮大社

1月11日 午前中にちょっと仕事をして、午後は本宮大社へ 昨年中
我が家のお守りだったお札を返還するために昼の外食をかねたドライブ
です。昨年秋に開通なった新道を走ると熊野から本宮まではうんと近く
なり思い立ったらすぐにでも走っていけます。
DSC00542DSC00542.JPG

2日に初詣で来たときに比べ、なんと少ないことか〜
DSC00544DSC00544.JPG

本堂の横にご祈祷をするお堂があります、ご祈祷の受付処とお堂です。
DSC00546DSC00546.JPG

DSC00549DSC00549.JPG

前の両横の岩です
DSC00547DSC00547.JPG

DSC00548DSC00548.JPG

手水には青銅の龍が吠えています。
DSC00551DSC00551.JPG

やたがらすのポストがあるのもここです。
DSC00360DSC00360.JPG

帰りに湯の峰温泉に老舗旅館「あずまや」の風呂に入ってきました
源泉かけ流しで槙の木風呂です、奥にはむし風呂もあります。
DSC00554DSC00554.JPG

DSC00555DSC00555.JPG

DSC00556DSC00556.JPG

旅館のロビーの壁には美智子妃殿下や皇太子様が宿泊した際の写真が
掛けてあります。(写真の右上)
DSC00557DSC00557.JPG

温泉街の中を流れる川の側に一日に七回色が変わる「つぼ湯」があり順番待ちです。
DSC00559DSC00559.JPG

すぐ近くに「川湯温泉」があります、川原を掘ると温泉が湧いてきます
町の人が掘った「千人風呂」です。
DSC00564DSC00564.JPG

DSC00563DSC00563.JPG

入湯料はいりません、ただし水着着用です。


posted by tomisan at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月10日

新春駅伝

1月10日 熊野市の新春駅伝大会が行われました、駅伝の歴史は古く
海岸線のJRの駅を3駅先(二木島)から市の中心部まで各町の青年団が
名誉をかけ健脚を競っていたのですが、世話人の減少(私の勝手な見解)
等などでしばらく挙行されませんでした、30年ほど前に熊野市の後押し
で復活され今の様式で復活しました、世のランニングブームにも乗っかり今年
は197チームの参加です。

JR熊野市駅がスタート地点で市内を4区間で走りここがゴールです。
DSC00527DSC00527.JPG
中学校や高校のsポーツクラブが目立ちます。
DSC00528DSC00528.JPG

DSC00529DSC00529.JPG

DSC00530DSC00530.JPG

商店街も走りたくさんの応援を受けていました。
DSC00533DSC00533.JPG

R42の日本最古の神社「花の窟神社」は世界遺産です、参拝者を
横目に必死の走行です
DSC00535DSC00535.JPG

DSC00537DSC00537.JPG

DSC00539DSC00539.JPG

有馬町の中継地点で自衛隊のチームが折り返していきます、
大きな重い荷物を背負いノボリをもっての走りです、ブービーだ
ったようにみえました。
DSC00541DSC00541.JPG

毎年、串本町や紀伊長島町の陸上倶楽部が優勝をさらっていきますが
今年はどうだったのかな〜



posted by tomisan at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月05日

おだやかな夜明け

1月5日 休みですがちょっと早起きして日の出を観に行きました。
住まいから目の前の七里御浜からの撮影です。

陽の上る前には飛行機雲が5本もあります、空も交通渋滞
DSC00512DSC00512.JPG

DSC00515DSC00515.JPG

DSC00519DSC00519.JPG

DSC00524DSC00524.JPG

今年もよろしく
posted by tomisan at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

田平木峠

1月4日 おだやかな正月がやってきました、早速湯の口温泉へ行って
きました、超満員でした。
帰りに「天空の城」で評判の熊野の観光スポット赤木城へ寄りました。
タイミングのいい時にはモヤの中で城だけが浮かんで見え、自然の造形
美が楽しめます。
DSC00507DSC00507.JPG

DSC00259DSC00259.JPG

DSC00258DSC00258.JPG

DSC00257DSC00257.JPG

山奥ののどかな風景にアンバランスな総石垣の堅固な城が出来たのには
陰惨な話が伝わっています。

豊臣秀長があの「太閤検地」で配下を送り込んだのですが、地元に存在
する有力者・地侍たちの猛烈な反乱に会い、うまくいきません、
そこで藤堂高虎を討伐軍の大将に任命して送りこんだのです。
地元の地理に詳しい反乱軍のゲリラ戦法に耐えられるべく強固な石垣の
城が出来たのです、「築城の名人」藤堂高虎の初期の作品です。

藤堂高虎は戦が劣勢であることを装いつつ反乱軍の主たる面々を赤木城
の落成祝いに来るように促し、363人もの一揆勢を田平子峠で斬首し
たと伝えられています。

「行けば帰らぬ赤木の城へ、身棄て所は田平子じゃ」の唄が残っており
ます。

城から300メートルほどの田平子峠にその慰霊碑があります。今も
地元の人達の献花があります。
DSC00510DSC00510.JPG

すぐ近くには丸山千枚田があります、検地を逃れる「かくし田」とのいわれが
あります、こんなことが北山一揆の源だったのかもしれません。
DSC00505DSC00505.JPG

戦国時代とは云えむごい話ですねえ、藤堂高虎を見損なった感です。





posted by tomisan at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月02日

初詣2016

上り1月2日
熊野本宮大社へ初詣に行ってきました、あの長い上りの石段を克服する
ことが出来るかを懸念しながら出かけました。
R168を通って行きますが神社の1キロぐらい前から渋滞です。
DSC00492DSC00492.JPG

やっと着いたか〜の感じでしたが、鳥居前で獅子舞の奉納に出会い正月の
初詣であることを実感しました。
DSC00493DSC00493.JPG

 DSC00496DSC00496.JPG DSC00495DSC00495.JPG

これからこの参道を上って行くのかと思うと一瞬とまどったのですが
血行障害のある両足の気力を奮起させて頑張りましょうと決心して
ぼちぼちでも上ることに!
DSC00498DSC00498.JPG

DSC00499DSC00499.JPG

赤ちゃんは父親がだっこしております、
DSC00502DSC00502.JPG

石段の中ほどから参拝するところまで多勢の人の行列で私も遅れずに
本殿に賽銭をあげ鈴も鳴らして手を合わせて今年の健康を子供や孫の
健康を願ってきました。
DSC00501DSC00501.JPG

これより中は撮影禁止です、境内放送で日本各地の都市名がでてきます
             「蟻の熊野詣で」以上の混雑ぶりでした。


posted by tomisan at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月01日

必死の頑張り

12月30日
さんま寿司・昆布巻き寿司の地方発送が今日が年内最終日です、正月用
にと皆さん注文されますので、毎年作りきれない程の受注です、パートの
おばちゃん達の時間延長と帰省してくる「やまか」の家族の頑張りで何と
か時間内で終了しました、でも31日は地元の皆さんからの受注が限度を
超えるほどの入っております、今夜は家族は徹夜です。

高校生の頃から20年も手伝ってくれる、息子と娘のtamaちゃんです。
DSC00484DSC00484.JPG DSC00481DSC00481.JPG

tamaちゃんの会社の人から差し入れの神戸の豚まんが手前に写っております
みんなでおいしくいただきました、ありがとうございます。
DSC00483DSC00483.JPG

ここではすし飯を握っております、4升釜が4っつ働きずめです。
DSC00486DSC00486.JPG

今は昆布巻き寿司を握っております。(さんま寿司と飯の炊き方がちょっと違います)
DSC00485DSC00485.JPG

こちらでは出来上がった寿司の箱詰です。
DSC00487DSC00487.JPG

もうすぐ宅急便の一便車がきます、出来上がった品から順次運んでいきます。
DSC00488DSC00488.JPG

31日は夕の7時頃までかかり何とか地元の受注分を手渡ししました。遅くなった方々
には大変申し訳なく思っております。

今年はプリンターの調子が悪く、宅急便の送り状印刷に非常に神経を使ったのですが1件
に不良があってお客様から大変苦情をいただきました、ひとつでも間違いがあってはなら
ないことなので初老の頭脳を目いっぱい使って頑張っております。


posted by tomisan at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記