2016年04月25日

隣町の素敵な茶房

4月24日午後 午前中ちょっとした仕事を終え自宅に帰ってきたら
sihokioが隣町の新宮市に庭のきれいな茶房があるので今から行こうと
待っておりました、sihokoが通う絵手紙の教室の生徒たちが来週に此処
の庭を訪れて絵手紙を書くらしいのですが、当日は行けそうにないので
今日行って写真を撮ってきたいとのことです、私はお供です。

新宮市の中心地からちょっと離れたわかりにくい処ですが、まず門構え
の立派さから驚き、襟を正して入りました。
DSC01325.JPG
横にまわると駐車場がありますが、暖簾のかかった入り口があります。
DSC01328.JPG

DSC01300.JPG

DSC01301.JPG
茶房の入り口右手に茶道の習わしつくばいがあります、左手には幼児の
入店を丁寧にお断りする看板がありました。
DSC01324.JPG

この屋敷を住まいとしている人はどんな方なんだろう? とっても興味が
湧いてきます、4年前に定年になり部屋を改造して「茶房 きむら屋」
開業、手入れの行き届いた日本庭園とおもてなしは直ぐに評判となり隣町
からもおいしい飲食と雰囲気を味わいに訪れてきます。とにかく落ち着き
ます庭を眺めながら縁側でゴロ〜と横になりたい気分になります。

玄関を入った正面のさりげない一輪挿しが主人の気心がまず伺えます。
DSC01317.JPG

右の部屋は茶室でしょう、今は使われていないようです。
DSC01319.JPG DSC01318.JPG

娘さんとおもわれる方が客室へ案内してくれます、一枚板のテーブルが
いくつもあり木製の椅子に腰かけるとお庭が鑑賞できます。ご主人が趣味
で集めた骨董品や茶道具が部屋の周りに展示されており、なかでもコーヒ
カップはコーヒを注文する際に好みの器に焙煎してくれます。
DSC01321.JPG

DSC01322.JPG

DSC01308.JPG DSC01303.JPG

DSC01310.JPG DSC01312.JPG

DSC01304.JPG

DSC01315.JPG

DSC01329.JPG

DSC01299.JPG
生育中のぼたんの花畑
DSC01327.JPG

食事はカレーだけしかありませんが、こだわりのカレーは今まで食べた
うちでもっともおいしかったように思う。私にはこの茶房はご主人の道楽
・趣味でやっているようにも思います。娘さんの玄関までのお迎えや帰る
ときのお見送りなどは間の雰囲気を味わっておられるように思います。

メニューの中に抹茶があります、日本家屋の最なるこの雰囲気のもとで
今度は抹茶を楽しも〜 





posted by tomisan at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新緑がきれい

4月24日 曇り 自宅から仕事場へ行く途中に有馬町の水田地帯を
走りますが、山手の新緑が目に飛び込んできます、晴れた日はもっと
鮮やかできれいなんですが!
DSC01294.JPG

DSC01295.JPG

DSC01297.JPG

DSC01298.JPG

熊野市は山と海岸との間のわずかな平地にあります、市内のどこから
でもこんな風景が望めます、自然美の豊かな所です。
posted by tomisan at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月16日

丸山千枚田

4月16日 今日は仕事の休みの日です、午前中は家の周りの草刈りです、
昼から乗用車のリコールの関係で尾鷲のデイーラーまで走ったあと、休日
の恒例で温泉(紀和町の清流荘)へ行ってきた、
途中、丸山千枚田へ寄ってみましたが、いつ見ても絵になり芸術性さえ
感じられる素敵な風景です。
IMG_4513IMG_4513.JPG

IMG_4514IMG_4514.JPG

夕焼けに映えて赤く染まるときもあります、チャンスがあったら撮りに
来たいものです。


posted by tomisan at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月08日

春の主役

4月8日夕5時40分 この頃は明るいうちに帰宅することが多くなりま
した、ええんかな〜と気分がちょっと落ち着きませんが、違う感覚の風景
を味わうことができて、これで良しとしよう。
広い道路から自宅への道へ入った途端に満開の花が目に付きます、自宅庭
先に14年前に幼木を植えたものですが、立派に育ち花見ができます。
(住宅街の中だし、これ以上大きく大きく育たないように手入れをしないと
な〜と思う)
DSC01276.JPG

DSC01278.JPG

他の花たちも迎えてくれます。
DSC01261.JPG

DSC01262.JPG

DSC01268.JPG

DSC01266.JPG

DSC01270.JPG

DSC01271.JPG

うす暗いときに出かけ、うす暗いときに帰ってきますので、ゆっくりと
花木を観ることができません、でも時期がくると芽が出て花が咲きみんな
は頑張っております。


posted by tomisan at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月03日

桜満開

4月3日 朝から雨です、神川町や下北山村のさくら祭も敷物も敷くこと
もままならずさっぱりだろうな〜、赤木城跡の桜なら遠く車中からでも全
体の景色ともども楽しめるからちょっと行ってみよう!

雨中でぼんやり見える赤木城跡、天気が良ければ満開の桜が望め花見の
名所なんですが〜 冬季に見られる雲の中に浮かぶ天空の城状態はまこ
とに神秘的なものです。きょうは想像だけの楽しみです。
DSC01230DSC01230.JPG

近くまで行こうと峠から下ってくると棚田の2枚ぐらいが雑草が
なぎ倒されています、ちょうど赤木城跡が目の前に見られます、
これはカメラマンが三脚を据えて撮影をしていたのでしょうDSC01231DSC01231.JPG
この場から望む被写体
DSC01232DSC01232.JPG

赤木城跡の登り口には車がいっぱいです、雨の中ですが皆さんは史跡と
頂上付近の満開の桜を観にいかれたようです。
DSC01233DSC01233.JPG

赤木城を語るに欠かせない北山一揆の際の刑場跡にも必ず寄ってきます。
DSC01235DSC01235.JPG
当時の惨状を見ていたかも知れない桜が今年も満開です。
DSC01240DSC01240.JPG

雨の日は行動範囲が限られつまらんね、昼からは明日の仕事の段取りをしよう。






posted by tomisan at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記