2014年11月06日

友遠方より来たる

学校を卒業して大阪の造船所に就職しました、もう50年も前のことになります。
在籍6年間でしたが、仕事もよくしたが遊びもよくした中身の濃い期間でした、今思えば
一番充実していてはつらつとしていた時期だったかもしれません、組織の中にあって
かなり自由な発想や行動をとる私をあたたかく見守って下さった上司や先輩方には感謝
しなくてはと思います、ヤタケタな私がなんとか一社会人にと育っていったのですから!

その後この造船所は広い敷地を求めて九州の長崎へ新工場を造り、従業員もほとんど
が移転していくこととなり、私が一番世話になったI先輩も行かざることとなった様です。

長崎で課長職や傍系ホテルの支配人と大活躍したI先輩から突然電話をもらい、今度
三重の鳥羽地方に旅行に行くので、その際熊野へ寄り久しぶりに会ってみたいとのこと
でした、なつかしく大歓迎なのですが急に入院することになってしまった次第です、どう
しても会いたいし、医師に頼んで一時帰宅の許可をもらいました、午前中の点滴を済ま
せ夕方の点滴までの数時間の許可です。

10月23日
10時半ごろ熊野市駅まで迎えに行き久しぶりの再会でした、50年前となんら変わらぬ
やさしいお顔です、sihokoにも会わせねばとまず仕事場への案内からです。
I先輩夫婦も私共夫婦も50年前は皆同じ会社での同僚です。

しばし歓談のあとは熊野の世界遺産を案内することに
熊野古道沿いの獅子岩
2013_0601sisi0001.JPG

日本最古の神社 花の窟神社
2011_0122hatumoude0002.JPG

丸山千枚田
2013_0908ineinekari0002.JPG

以降 熊野三山を巡りましたが観光よりも車中で昔話に華が咲きしゃべり遠しでした
熊野本宮大社
IMG_4144.JPG

熊野速玉大社
IMG_4145.JPG

熊野那智大社
IMG_4146.JPG

私がもっと元気で時間があったら、もっともっと案内したかったし、もっとなつかしい話
がしたかったのにと非常に残念です。でも今回会えたことに大変なうれしさを感じて
おります。






posted by tomisan at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
しばらく書き込みがされてなかったのはご病気でしたか・・僕も歳のせいついうやつが出てきてます。肩は痛いし、耳にはセミが10匹位泣いてます。だましだまし付き合ってくしかないのでしょうね。この歳になると昔の友達やふるさとが恋しくなりますね。良くわかります。
Posted by みの吉 at 2014年11月10日 14:59
みの吉さんへ
この春に続き秋にも入院となり、つくずく年齢を感じます。明日も通院の日です、はやく完璧な姿になりたいと心底願っております。いくつになろうとも元気な自分でありたいものです。

みの吉さんの幅広い行動・活躍にはいつも感心しております、すてきな歌を皆さんに届けるのがいい体調管理になっているのでしょうね。
Posted by tomisan at 2014年11月11日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105319810
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック