2015年09月21日

山間部 海岸部

9月20日 連休中の熊野は観光客の車でいっぱいです、ちょっと出かけるのにも
おっくうになります、R42を通らず人の少ない処を気まぐれなドライブです。

波田須の町 全戸南向きの斜面であたたかさは熊野一です。
DSC00229.JPG

知る人ぞ知るダイビングスポット
DSC00221.JPG

徐福の宮 秦の始皇帝の命で不老長寿の薬を捜しに倭に来たのですが、台風で乗組員、
を失い、徐福がたどり着いた地、住み着き製陶などの技術も伝来した功績もあります。
DSC00223.JPG

DSC00226.JPG

新鹿町 日本一水質のよい海水浴場があります、
DSC00232.JPG

海水浴場には津波の避難塔もありますDSC00235.JPG

遊木漁港 斜面にびっしり詰まった住宅と狭い路地、磯の香が昔からの漁師町
雰囲気満点です。
DSC00242.JPG

DSC00240.JPG

二木島町 漁港は湾の奥が鉄則の条件です、でも津波の被害は特別です・
DSC00245.JPG

仕事は休みでも港には必ず寄ってくるのは、心の落ち着きのせいです。
DSC00243.JPG

沖にはいくつもの生簀があり、獲る漁から育てる漁へと転進中
DSC00246.JPG

甫母町の小さな集落にも立派な港があります。
DSC00250.JPG

奇岩の楯ガ埼は岬の向こう側です、私ではよう歩きません、波の静かなときに観光船
で海上から観ることにしよう
DSC00247.JPG

DSC00248.JPG

昼からは紀和町へ 前から気になっていた山道を15分ぐらい入って行きましたが木津呂
に数件の住宅がありましたが 行止まりでした、瀞八丁の左岸を走っていたようで下に見
える河からジェット船の音が聞こえてきました
DSC00253.JPG

赤木城跡 交通の便が悪く訪れる人もなく、草がぼうぼうでした
DSC00256.JPG

DSC00258.JPG

DSC00259.JPG

頂上からの眺めは素晴らしいものがあります


DSC00260.JPG

赤木城を語るに欠かせない慰霊碑 北山一揆の制圧に、一揆に加担した庄屋達を
だまして連れてきて処刑をした田子峠 あまりにも無惨な感じです。
DSC00255.JPG



posted by tomisan at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164055412
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック