2016年08月04日

太宰府天満宮

7月30日
フェリーは朝の8時半に新門司港に着きました。車で下船するのですが
夕べ駐車した場所を勘違いしてしまい、私共が最後に下船するという失態
を演じました、次は気を付けましょう。
1時間半の走行後博多に着き、しばらく会っていなかった親戚のお宅に
挨拶に行ったり福岡一の繁華街に行ったりして1時の法事に間に合わせま
した。
黄檗宗「千眼寺」は博多では著名なお寺ですが、和尚さん夫婦は大変親し
みやすく、丁寧なお経の後も昔話や今後のことに話がはずみ3時過ぎに
後引く思いで帰宅にかかりました。

sihokoが車のナビをみて大宰府まで40分でいけるよ!と言い出しました
めったに来れない福岡の地ですのでこの機会に行くことにして、博多の地
を去りました。 実際は40分かからずに着きゆっくりと参拝しました。

大宰府天満宮  
菅原道真のお墓の上に社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている
神社です。無実ながら政略により大宰府に流され、この地で生涯を終えら
れました、その後無実が証明され「天神様」と崇められ全国に約1200社
ある天神様をお祀りする神社の総本宮と称えられ「学問・至誠・厄除けの
神様」として多くの参拝者が訪れています。

DSC01683.JPG

中世の大鳥居
DSC01685.JPG

太鼓橋・心字池
池の漢字の「心」の字に造られていることから「心字池」と呼ばれ
太鼓橋・平橋・太鼓橋からなり、それぞれ過去・現在・未来をあら
わしています、橋と渡りの水の上を歩くことで心身ともに清められ
神前に進めます。
DSC01686.JPG



DSC01687.JPG

DSC01691.JPG

御神牛の頭をなぜると知恵が授かるという信仰があります
DSC01723.JPG

手水舎 巨大な一枚岩で造られています  
DSC01690.JPG

DSC01693.JPG
DSC01694.JPG

本殿
DSC01695.JPG

帰りにはグルメ店が並ぶ参道でちょっとお食事をしました、いっしょに
大宰府名物の梅が枝餅もいただきましたが、美味しかったです。

まだまだ行きたい所がありますが、またフェリーで来よう〜

posted by tomisan at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
快適なフェリーでの旅とは言え、遠い博多での23回忌法要お疲れ様でした。第2のお母様も天国からさぞかしお喜びのことと思います。私もtomiさんのブログの写真で太宰府天満宮にお参りさせてもらいました。遅くなりましたが、いつもお土産ありがとうございます☆ まだまだ暑い日が続きます。shihoちゃん共々お体に気をつけてお過ごしくださいますように。
Posted by shizuka at 2016年08月07日 15:55
shizukaさんへ
学問の神様へボケ防止をお願いしてきました、同じ頭脳のことだから効き目があるでしょう。
今日の店前では37度あります、お互い体に気をつけましょうね。
Posted by tomisan at 2016年08月08日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176354951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック