2018年08月19日

田んぼアート

8月19日
17日に行われた熊野大花火大会も17万人の観客のもと無事に終わりました
熊野市最大のこのイベントは見応えのある花火大会として全国の第5位か
6位です、世界遺産熊野古道・鬼が城の奇岩と熊野灘を背景に眼の前や
頭の上で掴めるような距離に大きな爆音とともに花開く様は、すべての
人を魅了させます。カメラで撮ろうにも画面に入りません、よって今年
も撮影はなしです。さんま寿司やあじ姿寿司などいくら作っても売れて
しまいます、時間と体力の続くかぎり仕事もしましたので、18日は休み
です。

今日は明日の仕事の段取りをちょっとしたあと、飛鳥町の田んぼアート
を観てきた、もう何年も続く行事で今年は(八咫烏やたがらす)と
熊野桜です。
DSC02168DSC02168.JPG

となりには飛鳥小学校の皆さんが田植えをした子犬です。
DSC02175DSC02175.JPG

その隣には古代ハスがいっぱいの(めだかの学校)があります。・
DSC02179DSC02179.JPG

URL  http://tanboart.blog.fc2.com/   で情報を発信しているようです。


posted by tomisan at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「熊野大花火大会」
鬼が城の奇岩と熊野灘を背景に眼の前や頭の上で掴めるような距離に大きな爆音とともに花開く様 〜 まさには熊野の夏の風物詩ですね! 
『さんま寿司やあじ姿寿司などいくら作っても売れてしまう』とのこと、ご苦労様でした。
「飛鳥町の田んぼアート」
今日、偶々お昼のTVで飛鳥町の田んぼアートが報道されていました。(あー、tomisanの所やと思って観ました)〜今年は八咫烏と熊野桜で、時期によって色が変わると言っていました。
今回も、熊野地方の季節報道を有難うございます。 先日、杉島君とバッタリ出会い、彼も「気まぐれtomisanを楽しみに観ている」とのことです。
これからも元気で頑張ってください。  《竹馬の友》uesan
Posted by uesan at 2018年08月29日 16:58
uesanへ
身に危険な暑さはいつまで続くのでしょうね?
子供の小さい頃は眼の前の海へ自転車と麦わら帽子で毎日のように泳ぎに行っていました、親子共に真っ黒になっていたものです。今では子供の付き添いがなければ波に流されそうです。
uesanも杉島君も元気そうでなによりです。矢橋先生のもと楽しく学び遊んだ時のことがなつかしく思い出されます、もう歳なんでしょうね〜
隣の子は関大に通っています、山手町でアパート住まいのようです、懐かしい町名です。
Posted by tomisan at 2018年08月30日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184211927
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック