2012年03月18日

変わりつつある町

熊野市駅前です
熊野古道を訪れる旅行者が最初に眼にする熊野市の町になります
気持ちよく降り立ってください (まだ工事中ですが)

噴水が出来ました 只今テスト中です夜には青いライトが輝きます
2012_0318eki0006.JPG

ベンチも据えられ いこいの広場となります
2012_0318eki0010.JPG

市駅の正面には きれいな熊野物産会館がすでにオープンしており 熊野の特産品
が数々陳列・販売されております
2012_0318eki0008.JPG
店内も見やすく 熊野の産物がすべて解る感じがします

駅から徒歩で15分くらいの世界遺産・花の窟神社です
熊野市駅から熊野古道・松本峠→奇岩・鬼ケ城→古い町並み→浜街道→獅子岩→
日本最古の神社・花の窟神社へと このルートを歩く人たちが最近増えてきたように
思えます バスツアーで古道を訪れる人たちも増えているように思えます
2012_0318eki0001.JPG

ここにも新しい物産会館・休憩所を建設中です 今まで6坪くらいの建屋があり 地元の
神社保存会の人達が参拝者にお茶のもてなしなどをしておりましたが 参拝者の
増加などにより 市の予算で建設がはじまりました(運営は地元)
 2012_0318eki0002.JPG
ちょうど伊勢神宮のおかげ横丁みたいな感じに見えます 今度は食堂なんかも出来る
らしい 完成が楽しみです 

いずれにしても財源の少ない熊野市のすることかと 不満を云う市民もありますが
これも市内の建築業者の家族がいくらかは潤い 税金の有効的な使い方に合って
いるとも云えるのではないでしょうか… 昨今市長の独裁性を追及されておりますが
こんな行動・市政もあっていいと思います 誰も市政に参加しようとしないんだから! 
posted by tomisan at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54509801
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック