2012年11月06日

久し振りの我が家

                  sihokoが胃がん!

9月中頃  どうも近頃お腹の調子がよくないとのことで 近くの個人病院で胃カメラによる
       検査を受けに行きました やっぱり何かができており 一週間後の詳しい検査
       で悪性のがんが見つかりました O医師の見解では『早期発見でまったくよか
       った もっと詳しく検査のできる大きな病院を紹介しますので おそらく内視鏡
       による簡単な手術で済むのでは…』とのことです

9月26日 松阪市のT病院で最初の検査 長男のK君と長女のTが付き添いました T曰
       わく 4人ぐらい検査室から出てきたが 他の人は歩いて出てきたのに うちの
       お母さんだけは看護士に支えれて出てきたらしい (体力ないからな〜)
       このあとも一週間毎に検査があるのに大丈夫かなと心配します

10月3日 2回目の検査 K君とTが付き添い 前回の検査後毎週水曜日を予約しており
       ます K君が自分の休業日を選び 僕が連れて行くからと… 親思いの子です

10月10日 3回目の検査 K君とTが付き添い(誰かが側にいないと 体力のないsihoko
               は検査後フラフラになります) Tは検査日ならずとも入院後もよく来てくれます
       私ら熊野から出かけて来るよりも(車で2時間10分ぐらい) 大阪上六から電車
       で1時間余りで来れるとのことです 女同士だしsihokoも頼りにしておりました
       この日に18日の手術日が決まりました 3D撮影の結果患部が胃壁にちょっと
       入っているのと 範囲が広いとのことで内視鏡による摘出手術よりも胃の3分の
       2を切り取る方が完全な治療ができるとのことです 手術としては簡単な作業ら
        しい

10月17日 入院 執刀医から家族全員に症状と手術の方法の説明があり その後カメラを
        呑み切除箇所のマーキングをしました
        奇遇にも執刀医の助手をする若い医師は熊野市出身の住まいが歩いて3分ぐ
        らいの工務店の息子さんだった

10月18日 午前9時から手術4時間で終了 脂肪の少ない細身の体つきだったので大変
        やりやすかったとのこと(私なら5時間はかかっていただろう) 手術は100l
        成功 その後の検査でもどこにも移転しておらず あとは術後の養生だけです
        『よかったな〜 全てうまくいったで〜!』これがsihokoにかけた最初の
        言葉です

        手術前の検査・検査もえらかったようですが 術後はもっとえらいようでした
        重湯やおかゆがでるようになっても 病院の食事が喉を通らず点滴だけで過
        ごしておりました 医師や看護士はもっと食べるようにと云いますが なかなか
        そうはいかず もう早く帰りたいとの思いばっかりだったようです

11月4日  退院です 10時ごろに車で迎えに行きましたがsihokoはなにか非常に元気
        です 帰路ー大きな公園に立ち寄って出店でいっぱい買い物をしたりー買い物
        に飢えていたかのようにー植木まで買っていましたー お腹も空いているので
        食事に行くのですが食べたいものはなにか?と聞いたらギョウザだと言います
        エツ!です おいしそうな中華料理店を見つけて入ることに なんと一人前を食
        べたあと私のラーメンまでつまみます これが術後の口に入った最初の食べ物
        です 食後の体調もいいみたいです

 久し振りに我が家の匂いをかぎました 2キロ減とお腹に5センチの傷跡を持って  2012_1104nyuuinn0001.JPG

              よくなって 万々歳  
posted by tomisan at 23:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
退院おめでとうございます!
tomiさんやK君やTちゃんの家族に支えられて大きな手術を頑張ったshihoちゃんが元気に退院できて、私達家族も皆で喜んでいます♪
術後のsihoちゃんの体調が早く良くなりますようにお祈りしています。
Posted by shizuka at 2012年11月07日 14:05
shizukaさんへ
度々のお見舞いありがとうございます。
sihokoは自宅で食事をするようになってから 体調もよく元気も出てきたみたいです、もう少しすると私への小言がでてきます そうなれば完治ということになります。
今年の紅葉狩りに間にあったと喜んでおりました、都合がつけばご一緒しましょう。
Posted by tomisan at 2012年11月07日 16:43
みなさま。
母へのメールでの励ましや、遠い中お見舞いに来て下さり、ありがとうございました。
検査の度に母だけは車椅子で運ばれてきて、手術に耐えられるかと心配しましたが、無事終わりました。

熊野に帰ってからは、電話しても声がとても元気です!
職場の方にはもう少しご迷惑をおかけしますが、
宜しくお願いします。

父へ、これ以上痩せないように、いっぱいつまみ食いさせてね!!あ、父は一緒になって食べなくていいよ。


Posted by tamaki at 2012年11月08日 19:48
退院おめでとうございます。
私もここ3年間で網膜剥離、椎間板ヘルニア、尿管結石と予期せぬことが起きました。
やっぱり健康がイチバンですね!
お大事にしてください。
Posted by kuma at 2012年11月08日 21:03
tamakiさんへ
kenjiやtamakiに頼って今回のT家の難事は無事完了しました、二人にはとても感謝しております。

自宅に戻ったsihokoは少量ですがご飯を食べたあとテレビの前でカステラやみかんを摘まみもって
養生しております、焦らずゆっくりが身上のようです。

遠い所お見舞いに来てくださったそちらのお家族の方にも、よろしくお伝えください。
Posted by tomisan at 2012年11月09日 21:26
kumaさんへ
ありがとうございます。
kumaさんはどんな出来事が起こっても大丈夫、山歩きという良いお薬があります。hanaさんもお元気そうで何よりです。
熊野地方の海岸部はいつか来るであろう大津波に備え、避難訓練などして日頃から防災意識を高めております、ゆっくりと過ごせない世の中だと解っていても、マイペースでしか過ごせないのが現状です。
Posted by tomisan at 2012年11月09日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59860645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック