2013年01月09日

苦悩する商店街

我が店から東西を眺めた様子です 誰も通っていません(午後4時)
2013_0109syoutenngai0001.JPG

2013_0109syoutenngai0005.JPG

熊野市で一番の繁栄を誇り、 大手スーパーを核におよそ80店舗で振興組合まで
ある商店街ですが、 2013年の幕開けがこの状態です。 スーパーは移転で他所
へ店舗数も年々減ってゆき30数店に、まさにシャッター通りです。隣の尾鷲市や新
宮市の商店街もこのような状況です、市の肝いりで振興組合が歩行者天国にして
地域活性にといろいろなイベントをしておりますが,賑わうのはその時だけで商店に
は何の助けにもなっていないようだ、日本全国地方の商店街は同じ悩みを持ってい
ていろいろな事に取り組んでいるようですが、話題になっても商店街が甦るほどの
成功例はあまり聞きません。
困っているのは商店主だけではなく、この辺に住まいするご老人達です毎日の食品
の買い物に移転先のスーパーまでは遠くて歩いて行けません、みなさんどうして
いるのかな〜。
posted by tomisan at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61339485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック