2012年01月05日

2012初詣

今年の正月は1〜3日まで暮れの疲労回復のため「食っちゃ寝」のごろ寝
昨日4日の京都までの墓参りから行動開始 そして今日は那智山へ初詣へ
行ってきました

熊野三山のひとつ那智大社です
2012_0105natitaisya0001.JPG

2012_0105natitaisya0003.JPG

すぐ横の 西国一番の青岸渡寺です
どちらも正月三が日を過ぎていたので思ったより人は少なかったようにみえます
2012_0105natitaisya0004.JPG

2012_0105natitaisya0006.JPG

青岸渡寺から那智の滝が見えます
2012_0105natitaisya0007.JPG

熊野大社の立て看板を見て判ったことですが 今年は何年生まれの方が厄年・祝年と
書かれている中に 古稀に私の生まれ年があったのです そう数え年で70歳の古稀です
平均寿命の短かった昔には文字通り70歳まで生きるのは稀だったわけです
長寿のお祝いをするほど私は長生きしてることになるんですね 現在ではまだまだ
現役の年齢だと思われますが! ま〜昔に従ってめでたいお祝いです
私におめでとう!
posted by tomisan at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月04日

年末・年始はこうでした

1月4日
行ける時にと 久し振りに京都の宇治まで両親の墓参りに行ってきた
紀州の屋根といわれる大台山系は この時期凍結のため走りにくい
のです 今日は大丈夫だろうとタカをくくって行ったのですが やっぱり
雪が降ってきてノロノロ運転の連続だった それでもいつも通り4時間
で宇治の万福寺に着いた 
2012_0104nennsi0014.JPG

黄檗宗の総本山 万福寺
2012_0104nennsi0018.JPG

久し振りだったね〜と 好きだったタバコも添えて よくよく顔を見せてやりました
2012_0104nennsi0015.JPG

さすがに帰りは遠周りになるが 京滋バイパスで草津へ行き新名神から伊勢自動車道
へと高速道路を通って帰ってきました やっぱり4時間

1月1日
我が家に新兵器
shihokoが以前から欲しがっていたルンボという掃除機が入りました
(sihokoは暮れの疲れで体調を崩し一日中飲まず食わずで横になっています)
起きてきたらびっくりするだろうな! 二人とも留守の間に勝手に掃除してくれる
なんて文明の力はすごい それも人がするよりもきれいになるなんて
2012_0104nennsi0008.JPG

12月30日
年度最後のさんま寿司の発送です 31日に配達になるのでお正月用にもってこいと
なります 9月ごろから予約が入りますが今年は工場の浸水騒ぎやサンマがなかなか
獲れず非常にごたつきました それでも生産が間にあわない程の注文が入ってきて
おります うれしい限りですが 全てが手作りであり一日の生産量が限られてしまいます
ご発注をお断りした方々にはご理解願いたいと存じます
2012_0104nennsi0001.JPG

2012_0104nennsi0003.JPG

31日は地元の方々のご注文がいっぱい入ってきております
この日は徹夜になりました 毎年1月1日は寝正月となります
 
posted by tomisan at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月23日

美しい滝

 
今日は午前中で仕事で終わった 昼から雨が降ってきたのでごろ寝をと思ったが
3・4日前から持病の腰痛がでてきていたので 湯の口温泉へ出掛けました
ゆっくりと長〜く浸かった後は不思議なくらい体が軽くなり痛みも薄らぎます
温泉っていいですね〜 医者いらずで薬要らずです

腰の具合がよくなったので 雨の中ですが20分ぐらい山奥の布引の滝まで
行ってきた 雨とガスで視界が悪いのも承知の末で

紀和町(熊野市)の観光名所 布引の滝(落差53M)
一枚の白い布を垂らしたかのように静かに流れる優美な滝 日本の滝100選
2011_1123nunobiki0004.JPG
天候がよかったら もっと美しいだろうに

200Mほど下流に 荒滝 があります
落差25Mですが 名のとおり男性的で荒々しい滝です
2011_1123nunobiki0008.JPG
どちらの滝も 修験道の行場であったことで知られています

途中の光景も美しく紅葉しており 天気のいい日には紅葉狩に訪れたらいいだろうな
2011_1123nunobiki0002.JPG

あんまりうろうろしていたので 帰宅時には腰痛が復活した
posted by tomisan at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月13日

紅葉(緑葉)狩り

12日 久し振りの休日だったので この機会に紅葉狩に出かけた
R169を奈良の方へ走ると 紅葉の名所大台ケ原天川村がありますが
どちらも先月の台風12号で土砂崩れのため通行止になっております
毎年訪れる談山神社に行きましたが ここは未だ紅葉しておらず門前で
引き返し 桜井市の長谷寺まで行った ここもちょっと早かったみたい

花の寺 長谷寺
2011_1112hase0003.JPG

長い石段が続きます
2011_1112hase0017.JPG

長谷寺と云えば ボタンです 一輪残っていました
2011_1112hase0018.JPG 

本堂(西国三十三観音の八番) 中には大きな観音像があり
2011_1112hase0007.JPG
大観音特別拝観で 結縁の五色線をもらいました 白・黄・赤・青・黒の五色の糸を
より合わせた腕輪です これを身につけると観音様とご縁がむすばれたしるしです
2011_1113gosiki0001.JPG

本堂の舞台からの観る紅葉風景は天下一品のものですが 今日は想像するだけです
2011_1112hase0009.JPG

2011_1112hase0008.JPG

今回は残念でしたね〜と このカマキリは云ってました
2011_1112hase0015.JPG

2011_1112hase0014.JPG

門前で食事をして帰ることに
2011_1112hase0020.JPG

帰りのR169 いつもは山全体が紅葉で眼を楽しませてくれるのだが 今年はもう
ひとつです あったかかったもんね!
2011_1112hase0026.JPG

2011_1112hase0028.JPG

11日 仕事帰りに見上げた雲 切れ切れで変わってた 
2011_1111tukikumo0001.JPG





posted by tomisan at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月12日

綺麗に着こなしてますね〓

110806_173418.jpg
浴衣をコーディネートして羽菜ちゃんに〓した今年の夏です〓〜これはブログに残しておかなあかんわ(^^)v  ☆★SHIHOKO★☆°

posted by tomisan at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月07日

天然記念物のイヌマキ

熊野市・神木地区にあります
この近くに配達がありちょっと寄ってみた R311(湯の口温泉や丸山千枚田
へ行くときに利用)を走行している時に 看板を見て気にかけていたものです
配達先で車で行ける事を確認してからです もうひとつ美しい滝がありますが
だいぶん歩かなければなりません



2011_1105kounogi0001.JPG

2011_1105kounogi0004.JPG

案内版には
胸高周り5.6M 高さ20M イヌマキで全国第ニの大木で 寺院の屋敷跡では
ないかと イヌマキは水に腐りにくいところから風呂桶・土木器具等に用いられる
と書かれていた

温暖な気候と地元で神さまのように崇められ国の天然記念物になりました
私の腹は饅頭とヨウカンで立派に育っています〜我が家の天然記念物です
posted by tomisan at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月01日

人気のブラスバンド

地元・県立木本高校の吹奏楽部です
2時半頃 支店に店番に行こうと駐車場を出たら ちょうど
木高の吹奏楽部が通りかかりました 2・3日が文化祭で そのお告げだ
木高の吹奏楽部は練習にも熱心で三重県では常に上位にランクされており
地元では独自の発表会や町のイベントでの素晴らしい演奏で 人気者です
2011_1101burasu0001.JPG

2011_1101burasu0003.JPG

楽しくて 思い出多き文化祭であります事を願ってます

高校の文化祭でゲテもの食いのコーナーでナメクジの天ぷらを食べたのを
思い出した それにすごく格好のいい外国人女性を連れて行き皆をびっくり
させた事も(余談…この娘は後で大阪一のモデルになった) もう〜50年も
前のことだけれど高校の文化祭でちょっとタイムスリップしました
結論―若いときは何にでも全力で!
posted by tomisan at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月28日

tamaちゃんが墓参り

大阪に住まいする娘のtamaちゃんから 墓参りに行ってきたよ〜と
携帯にメールが入ってきました
京都・宇治市の万福寺です ここには私の父・母・兄・姉が眠って
おります tamaちゃんのじいちゃん・ばあちゃんですが 私の幼い頃に
亡くなっておりますので彼女は何も知りません 兄や姉には数回会った
ことはありますが よく覚えてないのでは?
私をこの世に出してくれた両親 両親亡き後育ててくれた兄・姉がここに
眠っております 今の元気な姿をもっと見せてやりたいのですが なにしろ
片道‐車で4時間かかりますのでなかなか行けず ご無沙汰です
それをよ〜く知ってのtamaちゃんの墓参りです ありがとう!

きれいにお掃除して きれいな花を供えてくれたのは あなたの孫ですよ!
ohaka.jpg



posted by tomisan at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月22日

観光名所・鬼ケ城

今日は午前中に注文の寿司だけを配達して昼からは休みです
それにしても雨ばっかりで 昨晩は大雨警報が出ていました
どうなってんだろう紀南地方は… この前の被災地区はまだまだ
復旧・復興しておりません 大変心配です!

今日の料理の配達は飛鳥町でしたので 帰りに「名勝・鬼ケ城」の今を
覗いてきました 長さ1キロの間に大小無数の洞窟が並んだ奇岩奇勝で
知られ 国の天然記念物です

R42から「鬼ケ城」へ入る東口です 本来は正面にレストランや結婚式場の
入る「鬼ケ城センター」や左にお土産屋さんがありますが 老朽化のため
立替中 今は仮店舗で営業中です
2011_1022oni0001.JPG

R42から半島のように突き出ており 東口から西口へと回遊歩道がありますが
現在 歩道崩落のため通行禁止
2011_1022oni0002.JPG

千畳敷
2011_1022oni0005.JPG

「鬼ケ城」を周遊して来ると西口に出ます 木本漁港ですが台風12号の大波で
流木・ガレキ類がいっぱいで まだ復旧していないのでは
2011_1022oni0006.JPG

どうもこの頃体がだるく腕も痛い この前の災害で普段使わない筋肉を使ったから
なのでしょう 医者に行ったら肘と肩のところで炎症を起こしているとの事で 注射と
湿布薬を処方してくれました ち〜と楽になったかな〜 もっとバイタリテイでなければ
と奮起しております
posted by tomisan at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月17日

災害から40日

今日は仕事休み 朝一番に温泉に行き あとはゴロッとテレビの番人
こんなんでええんかいな…と思うけど 年が年だし ま〜ええか〜
いつも訪れる紀和町の湯の口温泉(美肌効果満点)の露天風呂
2011_1016fukkyuu20009.JPG

桜の木が 紅葉していました
2011_1016fukkyuu20010.JPG

紀和町もこの前の台風12号で 大変な洪水被害を受けました
R311沿いの町の中心地も浸水被害を受けましたが なんとか今では
2011_1016fukkyuu20015.JPG
町の一角には ガレキの山  山手に見えるのはかって町に繁栄をもたらした
紀州鉱山の建物跡
2011_1016fukkyuu20006.JPG

この大きな北山川が氾濫したのです この土手の右側にある住宅地は天井まで
浸水したようです
2011_1016fukkyuu20011.JPG

紀和町には丸山千枚田・湯の口温泉・赤木城跡・布引の滝・温泉プール・清流荘
紀州鉱山跡・など 訪れて価値のある所がいっぱいあります 暇なときには
ついつい車を走らせてしまいます なぜかいい所です

この地方の災害を知ってか知らずかR311沿いに今年も秋の使者コスモス
2011_1016fukkyuu20003.JPG

posted by tomisan at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月10日

復旧はじまり

台風12号により井戸川が氾濫して橋桁を壊し不通となっていた
JR熊野市・新宮間が11日から仮復旧ながら再開します
やっぱり代行バスでは不便です 今年中には本復旧になりそうです
2011_1010fukkyuu0007.JPG

2011_1010fukkyuu0006.JPG

災害から一ヶ月余り 被災の大きかった所では復旧にはまだまだです 避難所暮らし
の方も多勢いらっしゃる様です 早く毎日の生活が元のようになる事を願っています

美しい七里御浜に打ち寄せられた流木・ガレキ まだ片付ける余裕がない
2011_1010fukkyuu0004.JPG

台風がきた日の翌日(9月4日)が稲刈り祭りだった丸山千枚田 どうなったのかな〜
と 今日寄ってみたらどうやらその前後の日に稲刈りは済ましたようで 切り株が
ずいぶん伸びていました 被害もなかったもようです ただ行く道路はあちらこちらで
土砂崩れで通行止めになっています
2011_1010fukkyuu0011.JPG

私ともの店は100パーセント復旧し 以前から受けていたK町の敬老会の弁当は
2011_1010fukkyuu0002.JPG
2011_1010fukkyuu0001.JPG
まにあいました 喜んくれたかな〜

posted by tomisan at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月26日

豪雨台風一過8

9月24日(土)から ようやく営業再開しました
常日頃私どもの店をご利用して頂いているお客様からは
「開けるのを待ってたで〜ここの惣菜でないと…」「大変な目にあったん
やね〜また頑張ってね!」等 お見舞いや励ましの言葉をいっぱい
いただきます うれしい限りです
2011_0926sinsui70036.JPG

当店に仕入れに来ていた八百屋(食料品店)も 皆さん今まで通り来てくれています
当店休業中はスーパーで買ってきて そのままの値段で販売していたそうです
ご迷惑をお掛けしました

ここ2〜3年前から体力・精神が衰え気味だった(68歳)のですが 引退など
云っていられません まだまだ気力を取り戻しガンバッテいきましょう
posted by tomisan at 16:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月19日

豪雨台風一過7

仕事場の復旧作業が着々と進んでおります
昨日にいろんな器具・機具が入ってきて据付に一日かかりました
空っぽだった作業場に回転釜や冷凍庫
2011_0918sinsui60013.JPG

ガス炊飯器
2011_0918sinsui60017.JPG
今日試し炊きをして 寿司を作ります

まだフライヤーとかがそろいません 届きしだい営業を再会します

浸水の原因・川の氾濫場所をみてきました 作業場から500メートルぐらい上流です
2011_0918sinsui60025.JPG

2011_0918sinsui60022.JPG
posted by tomisan at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月13日

豪雨台風一過6

今日は以前住んでいた山の家の様子を見に行ってきた
家自体はもう壊れかけているのでどうでもいいのですが
立地状況が最低で家の周囲からの水が全て寄ってきます 大雨の
ときには土砂も運んできますので排水管がつまり そこら中を水浸しに
してしまいます 今回も案の定下の畑なんかに大変な被害でした

山の家(熊野市木本町切立地区)の近くも台風被害が出ていました
崖ぐずれで倉庫がずり落ちています 他の家はもう住めないようです
2011_0913sinsui50004.JPG

山の家から町を見下ろすと すぐ近くの崖くずれ 下の家の人はびっくりしただろうな
2011_0913sinsui50006.JPG

きのうは中秋の名月 うさぎさんへ お餅をいっぱい撞いて被災地へ届けたって〜
2011_0913sinsui50001.JPG
posted by tomisan at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月12日

豪雨台風一過5

今朝も寄り道をして工場に行きました 途中の被害状況の一部です
紀勢線の熊野市駅から300メートル程和歌山の新宮方面へ行った所です
氾濫して市街中心部に浸水させた井戸川に架かるJRの陸橋が壊れてレールが
むき出しです 現在名古屋・松阪方面からの列車は熊野市駅で終点です 以降は
代行バスで運営されております
2011_0912sinsui50012.JPG

2011_0912sinsui50009.JPG
それこそ不眠不休の復旧作業にちがいありません この他にも近くでいろいろ被害
の状況を聞きますが 時間が過ぎるほどその数が増してきます 今回の被害の
大きさを改めて感じ 日頃からの備えを思いやっているところです

あの美しい七里御浜も流木やゴミで 散々です
2011_0912sinsui50002.JPG

私ともの工場は 泥だしも終え不潔な道具類も廃棄して 現在水道水の完全復旧と
あたらしい道具類の据付を待っている状況です 営業再会にはまだ一週間以上
かかるのではないのかな〜
2011_0912sinsui50007.JPG
posted by tomisan at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月10日

豪雨台風一過4

今日も一日中 仕事場にて片付けです
大阪から娘も応援に来てくれてます ファッション関係の仕事をしていますので
慣れぬ手付きですが丁寧に洗い物を作業中
2011_0910sinsui40003.JPG

朝 仕事場に行く途中にチョッと回り道をして 奥有馬の産田神社・旧近大高専の
あたりを見てきました 橋が陥落していて通行止めで引き返してきましたが
この地域も大変な被害です
2011_0910sinsui40002.JPG

2011_0910sinsui40001.JPG

今日は市役所の女子職員が消毒にきてくれました 片付けの済んだ所は連絡をすると
順次消毒に廻ってきてくれます 女子職員も総出で重い消毒液をかついで奮闘して
おります テキパキと非常に好感のもてる対応でした
2011_0910sinsui40006.JPG

2011_0910sinsui40004.JPG

posted by tomisan at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月09日

豪雨台風3

今日も一日中 泥の排除と片付けです
当店より500メートル位上流の井戸川沿いです
2011_0909sinsui30025.JPG

2011_0909sinsui30023.JPG

2011_0909sinsui30024.JPG

断水の元 貯水タンクと傾いた機械室
2011_0909sinsui30022.JPG

今日は従業員のおばちゃん達も参戦
2011_0909sinsui30017.JPG 2011_0909sinsui30018.JPG

2011_0909sinsui30019.JPG 2011_0909sinsui30016.JPG

今日は業者に来てもらい 高圧洗浄機で四方八方の洗浄です〜やっぱり早いわ!
2011_0909sinsui30026.JPG

今日の夕方 大阪におる娘が駆けつけてくれました 明日から片付けに参戦します
posted by tomisan at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月08日

豪雨台風一過2

今日も一日中後片付けに没頭しました
工場だけでなく並立する倉庫の中も泥だらけ もう全部捨てましょう
2011_0905sinsui20038.JPG

パソコン画面の真ん中に浸水の横すじが残っておりました
2011_0905sinsui20022.JPG

電気工事やさんが大型冷蔵庫の室外機を診て こりゃもうあかんわ〜
2011_0905sinsui20052.JPG

浸水による廃棄物を家の前に置いておけば市のゴミ回収車が持っていてくれる筈ですが
当店のその量ははんぱなく多く 回収車をあてにせず軽トラックで運ぶつもりも 軽トラック
も冠水で動かず(車関係は全て隣町の息子K君にみてもらっているのだがR42も崖崩れ
で通行止) 山ほどの廃棄物はそのまま一晩を過ごしました でも翌日にはKは代車の
軽トラック(ほぼ新車)に飲料水を積んで駆けつけてくれ 大助かりです
それからは廃棄物処理場まで26往復 店先はきれいになりました(家内の弟やまかの
後継者が担当) それに家内の妹の旦那(こちらの仕事の忙しい時にはいつも手伝いに
きてくれる)が2000リットルの水を運んで来てくれましたので 私と工場・倉庫の
泥出しに一日係りました まだまだ不十分ですが残りは水道水が満足に出るまで
待ちましょう 日頃使わない筋肉がこってきました

テレビでこの地方の被災地がよく報道されており 心配の電話もよくいただきますが
やまかも私も元気です 近辺は大変なのですが

一日泥出しで工場におりましたので 聞きかじった情報です

井戸町瀬戸 瀬戸橋から集落入り口まで山崩れ 井戸川沿いも流木で橋も道路もめちゃくち 瀬戸地区孤立状対
飛鳥町    小又地区R42の山崩れは解消して通行止は解 
五郷町    いまも断水・停電 
除大泊地区   浸水したところ多し 神社が被害を受けたいこが流された
有馬町山崎  オレンジ道路沿いがまたも浸水 今は引いており復旧中
木本町新田  西郷川が氾濫 木本高校の周囲が冠水
井戸町丸山  熊野市役所周辺 人の首あたりまで浸水 復旧に全力傾注

すぐ近くです
紀宝町鮒田  毎年2回ぐらい浸水するも  熊野川からの逆流もあり今回は最もひどいのでは 今孤立した住宅の救出に

          自衛隊が活動中 6日には政府の平野防災担当相が視察 9日には野田総理大臣が視察に訪れる

那智勝浦町  被災地にここの名が出た時に真っ先に心配した知り合いの娘さん夫婦は家族みんな無事だった が町長の

          妻子が大水で亡くなられたようです 町長は防災本部長の責があり自宅に帰ったのは30分位だったそうです
          紀勢線もここでがけ崩れで寸断     

posted by tomisan at 02:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月06日

豪雨台風一過

9月4日朝 台風12号は大変な遺産を残してそしらぬ顔で立ち去って行きました
朝早く仕事場近くに住む義妹から電話があり 畳まで浸水状態だから仕事場も
浸かっているのではと… あわてて駆けつけたところ案の定! 近くまで車で
いけず ちょっと高台に駐車してスソを捲り上げてジャブジャブと行く始末です

工場の所はもう水は引いていたのですが 開けてみたらびっくり1メーター強まで
水がきたらしく 中はぐちゃぐちゃ!
2011_0904sinsui0021.JPG

2011_0904sinsui0006.JPG

2011_0904sinsui0023.JPG

2011_0904sinsui0013.JPG

2011_0904sinsui0005.JPG

とにかく泥だらけ それもバイ菌だらけだろう 浸かったものはもう捨てよう…
10日ほどで再開できるだろう 先ずは片付けよう!
2011_0905sinsui20059.JPG

熊野市の中心地を流れる井戸川が決壊したのが原因で 熊野市駅前・市役所の
あたりは首の辺まで浸かったみたいだ あわせて貯水場のタンクが流され現在
断水中 片付けはままならず 飲料水は給水車です それでも皆さんは東北の
震災地のことを思えばと…心一つで落ち着いたものです 早く断水の復元を願って
おります それにしても今度の台風はこの地近辺に甚大な被害を残していきました
私もテレビで見てあぜんとしております また投稿することにしよう

2011_0904sinsui0001.JPG

2011_0904sinsui0002.JPG
posted by tomisan at 21:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月03日

台風が来た!

今朝、台風12号は高知県に上陸して 今、17時には香川県におります
大型台風のため熊野市にもいろいろな被害をもたらしています
鉄道はもちろん 熊野市に通じる国道・県道が全て大雨により通行止めです
明日まで孤立状態になりそうです 私共も日常の仕事は休業せざることに
なってしまいましたが 4日ほど前から名古屋の百貨店のイベント会場へ
販売用のさんま寿司を送付しておりました これがどうかな〜と 運送会社へ
相談したら2時ごろまでに持って来てくれたら 通行止めになる前に走るか
あるいは逆方向の新宮方面から大阪を通って名古屋まで持って行くとの事
でした 早速炊飯にかかり さんま寿司を荷作りして営業所へ届けた次第です

が! いつもより早く出立したトラックも時すでに遅しで 数台前で通行止めに
会い 紀伊半島を逆に廻るコースも通行止の状態とのことでした 山の中から
営業所にTELがありいったん引き返すとの連絡を受けました これは困った事に
なったな〜と 予定の明日に届ける事が出来ず 商品は生ものです
それではと 営業所へ引き取りに行き 市民会館へ届けました そこには
台風の浸水・がけ崩れ被害をさけて 避難されている皆さんがいらっしゃる
ことを知っておりましたので 訳を話して食べていただくようにと 職員の方々
にも喜んでおられました…

七里御浜に押し寄せる台風の波です
2011_0903taifuu120005.JPG

2011_0903taifuu120007.JPG

我が家の2階のベランダの屋根も1枚飛んでいってます
まわりを探して見つけました 天気が良くなったら付けなければ
2011_0903taifuu120014.JPG

熊野市の防災ラジオでは この前の大雨で浸水した有馬町・山崎地区も川の増水
がみられ通行止になっていることを知らせています またあちこちで被害が出そうだ
posted by tomisan at 18:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月31日

不気味な夜明け

大型台風12号がまともにこちらを伺っております 土曜日あたりに上陸しそうだ!
毎朝眺める獅子岩の海岸も嵐を予感させる暗〜い状態だ
2011_083131hi0006.JPG

昨日(30日)は 有馬町の田んぼでは台風が来る前にと 稲刈りです
機械化の進んだ稲刈りはモミだけを採集して茎の部分は粉砕して田へ
撒いていきます どこの田も1〜2人で作業が進んでおります
2011_083131hi0002.JPG

 
2011_083131hi0004.JPG

きょうは朝から雨が降ったり止んだり 風も時々強く吹きます

午後3;00頃の陳列台です この天気で全部売れていくのかな〜
夏休み中は これが完売状態が続きました(毎年この時期は忙しい)
2011_083131hi0008.JPG

posted by tomisan at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月18日

熊野大花火大会2011

8月17日夕 熊野市最大のイベント熊野大花火大会が開催されました
今年は17万人の人出があり 名物の交通渋滞は例年にも増しての感が
ありました 隣の町から普段30分の距離が6時間も掛かったり あげくの
はて 花火の開始を渋滞中の車中で迎えた人もあります 帰りも同じで
私共に神戸から来ていた客人は翌日にどうしてもの仕事があり帰宅しま
したが出発は午前3時になりました 毎年観賞に来る人達は午前中に熊野市
に入り涼しい所で夕方まで過ごし 帰りはなすがままの心構えで来られます
浜に敷物を敷き寝っころがって観るほど 目の前・頭上で上がる大花火は
美しさとともにすごい迫力の響音が 格別の魅力を感じさせてくれます
2011_081717hi0001.JPG


近くで観るものですから 画面がはみだしてしまいます
三尺玉の海上自爆です600メートルにわたって広がります


走っている船から次々と花火を海へ投げ込む海上自爆です
会場の両端から2隻の船が交差するところまで放り込んで走ります


史跡・鬼ケ城をバックに鬼ケ城大仕掛けです


一番の見もの 鬼ケ城の洞窟での自爆です


最後は沖に停泊して花火ツアーの豪華客船やこの日の主役
花火師等に客席の皆が携帯電話の灯りを振ってお別れです
また来年お会いしましょう もうちょっと上手に撮るから
posted by tomisan at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月16日

精霊流し

8月15日は木本町の精霊流しの日です
熊野地方でも地区によって様々ですが木本町の初精霊では「しょうろさん」
といわれる精霊棚にお供え等をのせて四隅に灯りの提灯を付けて
海へ流します いくつもの「しょうろさん」が赤い灯をゆらゆらと 揃って
流れて行く様子はとても幻想的です 

2011_0815syouryou0002.JPG 2011_0815syouryou0004.JPG

お盆の間 帰宅していた精霊様を家族が浜まで送ります
2011_0815syouryou0010.JPG 2011_0815syouryou0006.JPG

浜で線香をあげて お祈りをして また来年の盆も帰って来いよと お別れです
2011_0815syouryou0012.JPG

泳ぎの達者な町の若者が ちょっと沖まで泳ぎながら誘導します
2011_0815syouryou0014.JPG

もうチョッと沖まで泳ぎながら運んで行くと 精霊棚は引き潮に乗って自然と沖へと
流れて行きます 運んだ泳者は上手に波に乗って帰ってきますが これは普通の
人ではちょっと大変なんですよ!
2011_0815syouryou0015.JPG

この場所から今日流したのは20軒ぐらいあったのかな 沖の方ではみなさん仲良く
寄り添うようにしてゆらゆらと流れております 家族の方も見えなくなるまで見送り
別れを惜しみ極楽浄土への旅たちを見守っています 
2011_0815syouryou0023.JPG
 

この時に花火もあげますが これが17日に挙行される追善熊野大花火大会です
今年は東日本震災で亡くなられた方も初盆になります その方々にもこの花火が
届くことを願っております
続きを読む
posted by tomisan at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月08日

花火の場所取り

8月17日に熊野大花火大会が行われます
この花火大会の大きな特徴は音(響き)です 目の前の鬼ケ城をバックに
打ちあがる【鬼ケ城大仕掛け】は波に侵食された洞穴に花火を仕掛け そこで
自爆させます その響きは体を揺するほどのものであり 小さい子供は大人に
しがみついて泣き出します この光と音の響演を観た人達からは
『ヨー 日本一』の掛け声があがります 来年も絶対来るぞ〜の声も
その感激を味合えるのが ここらの場所です 2ケ月も前からの場所取りです
台風の波で流されたり 市が行う地ならしで撤去されたりしますが 翌日には
また始まっております 皆さん家族だけなら空いた所でいいのですが どこも
花火見物のお客さんを迎えます その人達にゆっくり観てほしいものですから!
なにしろ普段山間部も含め2万そこそこの人口の所に16万人もの花火見物の
人達が訪れるのですから交通機関も大変です 渋滞・渋滞で車で来た人は
帰宅は翌朝になります 皆さんそれも覚悟でいらっしゃいます
2011_0808taiko20004.JPG

 2011_0808taiko20003.JPG
posted by tomisan at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

響鼓in熊野2011

熊野市のイベントの代表格“響鼓in熊野”が昨日記念通商店街で開催されました
地元をはじめ石川県・大阪・愛知・和歌山の和太鼓集団(12集団ぐらい)が
炎天下6時間以上の熱演です 今年で17回目を迎えます

今年のスローガンに “鼓動を感じ、共に歩もう”がんばろう日本!と掲げら
れております こういう大会では日本一と云われる陸前高田市が 東日本大震災
で大きな被害を受けたことに関し『陸前高田市の分まで太鼓の音を響かせたい 
少しでも元気を届けたい』と実行委員の強い願いです

和太鼓の魅力とは何なんでしょうね 子供から老人まで幅広い愛好者がおり
私も機会があればと思っております “ドーン”と大きな音・音でなく響きは
日本人の魂を揺さぶり心底とりこにしてしまいます 波長が合うのかな〜
ちょっと調べたところによると 和太鼓を楽器としての演奏は極めて新しく
30年ぐらい前で 自然と活動が広がり今や太鼓集団が全国で5000を
越える程になっているそうです プロの集団は海外演奏も多く世界中で
和太鼓の演奏は大もてだそうです 心に響くのは日本人だけではないようです
魅惑の楽器です
2011_0808taiko20005.JPG

大会実行委員の挨拶です 副実行委員のU君は震災地に2回ボランティア活動
2011_0808taiko20006.JPG

2011_0808taiko20011.JPG

2011_0808taiko20007.JPG

歩行者天国になった記念通商店街 夜店やビヤガーデン
2011_0808taiko20013.JPG

スタッフの皆様 暑いなかご苦労さまでした

posted by tomisan at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月02日

孫の習字

隣町に住む孫のK介君(小学一年)の習字が新聞に載っております
向こうのおばーちゃんからメールで教えてくれました
さっそく購読者の知人から新聞を貰い受け 立派な字を眺めることに!

どうやら書道塾の先生が投稿したようだ
本人は書道がそれほど気に入っておらず 半紙にピカチューの絵を描いて遊んで
いた折 こっぴどく叱った先生の ちょっとした機嫌取りかな?

2011_0802kani0002.JPG
じーちゃん曰く 元気のいいカニだ〜  立派・立派!
posted by tomisan at 21:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月31日

セミの羽化

きのう駐車場に車を停めた目の前のケヤキの樹で クマセミの羽化が
始まっていました 初めて見るシーンなので最後まで見届けることに!

PM6;00 まだ明るいうちにこの状況で見つけました
2011_0730semitanjyou0002.JPG



2011_0730semitanjyou0005.JPG

2011_0730semitanjyou0008.JPG

Pm6:30 だいぶん殻から出てきました
2011_0730semitanjyou0012.JPG

2011_0730semitanjyou0013.JPG

Pm6:36 ついに殻から全容が出てきました ツルッと一瞬の出来事です
2011_0730semitanjyou0014.JPG
このときからフラッシュが必要
2011_0730semitanjyou0015.JPG

2011_0730semitanjyou0018.JPG
PM6:45 羽がだいぶんしっかりと してきた
2011_0730semitanjyou0026.JPG

2011_0730semitanjyou0031.JPG
このままの状況が続きそうなので 風呂に入り食事をとることに〜

PM8:45 ちょっとしっかりしてきた 色もはっきりしてきたように思う
2011_0730semitanjyou0030.JPG

セミの羽化はまったく無防備な状態が数時間続きます 鳥の餌にならぬように
普通は夜中に行なわれ 朝に飛び立っていくものです
 私も初めて見ます 翌朝に殻を残して飛んで行きました
2011_0731sofuto0001.JPG

手入れの行き届いていない庭ですが 季節ごとに花が咲き眼の保養や
情緒の安定に またこんなドラマも楽しいものです
 今は白いキキョウが華麗に咲いております
posted by tomisan at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

女子小学生ソフトボール大会

全日本小学生女子ソフトボール大会が7月30日〜31日に熊野市で
開催されております この大会は3月の春休みに行なわれる予定でしたが
あの震災で延期になっていたものです 全国の都道府県からの参加ですので
大変大きな行事ですが 熊野市ではこういう大会の運営には慣れたものです
市の職員はもとよりいろんな団体の人達が一丸となって挙行します 大好きな
熊野市のためです

2011_0731sofuto0007.JPG

メイン球場の熊野スタジオでは 最も遠隔地のチームが試合前の練習中です
2011_0731sofuto0011.JPG

2011_0731sofuto0009.JPG

他にも5会場ぐらいで試合中でした
2011_0731sofuto0012.JPG

2011_0731sofuto0004.JPG

2011_0731sofuto0002.JPG

駐車場には各地の観光バスが
2011_0731sofuto0014.JPG

今朝 いつもの湯の口温泉に行って来たら それらしき小学生の団体がおりました
バンガローか研修センターに泊まったていたのかな 温泉に浸かって疲れもとれて
ちょうどいいでしょうね‥ グランドでは大きな声でテキパキと動き回っている娘も
可愛い幼い女の子です 将来が楽しみな元気な子ばっかりです
posted by tomisan at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月20日

陸の孤島

大型台風6号は今(am6;00)紀伊水道にあり熊野地方に向って
きております 昨日からの記録的な大雨で熊野市に通じる鉄道・
幹線道路が全て通行止めです 現在陸の孤島状態です
隣の紀宝町では520所帯・熊野市でも何十所帯もが避難して
おります (今テレビで新宮市で1200所帯が川の氾濫で避難)
私共も休業です 注文の弁当も昨日にお断りしておきました
今日は家でじっとして台風の過ぎるのを待ちます 早く通り過ぎてくれ!

朝6;00の獅子岩の前の海岸


2011_0719taifuu60005.JPG

am9;30 えらい静かになってきた テレビでは暴風圏内にあるはずなんだが〜
所用で出掛けたsihokoからtelがあり 知人の工場が浸水被害であると!
直ぐに荷物の搬出の手伝いにと駆けつけたが 身内だけで荷物を高い所に
移動して作業済みでした 周りのオレンジロードや水田はかってないほどの
冠水状態です 台風6号の雨被害はあちらこちらにあるようです
2011_0720kannsui0006.JPG
台風6号は10時現在 潮岬沖にあり 熊野市は暴風圏にあります
posted by tomisan at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月18日

セミの抜殻

私共に庭に6年間も居候していたアブラゼミの幼虫が一人前となって
巣立って行きました 7年ぐらい前にはこれらの親達が朝早くからの
大合唱で寝ていられなかった事を思い出しました ここ数年はわりと
静かだったのですが 子供を残してどこかに移住したのでしょうか…
あなたの本籍地は有馬町ケヤキの樹
2011_0717semi0010.JPG
あなたの本籍地は有馬町・万両の樹
2011_0717semi0011.JPG
あなたの本籍地は有馬町・野ぼたんの樹
2011_0717semi0008.JPG

成虫になって一週間ぐらいの生命だと聞いております 早く相棒を見つけて
戻っておいで そして安全なこの地で子孫を残すように!
posted by tomisan at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月17日

何があったのかな?

今朝は早くから草刈です 8時過ぎから12時まで水分をいっぱい
取りながらうるさい程の機械の音を響かせながらの作業です
作業のあいだ中 もっと大きな音でヘリコプターが 鬼ケ城と獅子岩の
あいだの海上を行ったり来たりしておりました これは遭難者の捜索に
違いありません 島か半島の磯で釣りをしていた人が波にさららわれたのでは
ないでしょうか 今、南海上に台風があり波が高いのですが… 遠路釣りに
来た人はせっかく時間をかけて来たのだからと 大洋の荒波の怖さを過少評価
して釣りに夢中となります とんでもないことで毎年のように犠牲者が出ます
2011_0717sounan0003.JPG
もし 想像通りだと なんとか早く遺体?を見つけたってほしいものです

私は今から湯の口温泉に行ってきます

続きを読む
posted by tomisan at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月15日

一日の始まり

きれいな朝焼けで熊野の一日が始まりました
特別な事は要りません 平凡で健やかな一日でありますよう…合掌
2011_0714abd0001.JPG

この場所は熊野大花火大会(毎年8月17日)の時には 絶好の撮影場所となります
写真愛好家の三脚がズラリと並び それぞれにその瞬間にかけます
手すりに縛ってあるのは三脚の場所取りです 2ヶ月も前からはじまります
2011_0714abd0003.JPG

見事に撮れたのが下の写真です(知り合いの人が撮りました 勝手に借用)
22hanabi.jpg
ちょっと知り合いの人が撮りました 熊野大花火大会のポスターになった作品
いずれ私もこんな写真を撮ってみたいものです
posted by tomisan at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月10日

これは霧?

今朝仕事場に行く途中のR42です これは潮なのか普通に霧なのか
とにかく海上から押しかけてくる霧状のものが 木本町を覆いかぶさり
先の風景がかすんでおります これ程の状況は初めて見ます
獅子岩の向こうに見えるはずの松本峠もまったく見えません 海上で
なにが起こっているのか海も見えません
2011_0710siokiri0007.JPG
井戸町・木本町に流れて行き住宅に被さっております 潮だったら鉄工品は
錆びるだろうな
2011_0710siokiri0011.JPG

2011_0710siokiri0004.JPG

2011_0710siokiri0003.JPG

午後2時ごろ ちょっとましになったかな 七里御浜です
2011_0710siokiri0013.JPG 2011_0710siokiri0014.JPG

昨日は隣の和歌山で震度5の地震が起こるし 天変事変の熊野市です



posted by tomisan at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

虫おくり行事

7月9日夕 熊野市丸山千枚田で行なわれた「虫おくり行事」です

昭和28年頃まで村の人たちによって行なわれていたのですが 世界遺産に
登録された7年前から丸山千枚田保存会に依り復活されました 

村の人たちと一般応募者(100人位)が灯明と太鼓と鐘などでねり歩き
「虫おくり殿のお通りだ〜」と一斉に叫びながら 光と音で害虫を追い払い
ます 稲の殺虫剤がろくに無かった頃の害虫駆除の方法だったようです

2〜3年前から あぜ道に千本ぐらいの灯りがともされ まわりが薄暗く
なったころの様相は なんとも幻想的です ちょっと離れた所から静かに
眺めていたらまるで夢の世界です

2011_0709gennsou0002.JPG

 2011_0709gennsou0004.JPG

2011_0709gennsou0009.JPG

観光客も含み100人ぐらいが “虫おくり殿のお通りだ〜”
2011_0709gennsou0012.JPG

2011_0709gennsou0020.JPG

2011_0709gennsou0021.JPG


この次は稲刈りを撮りに来るつもりです 

posted by tomisan at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月22日

ホタル撮影U

昨夜は久し振りに晴れ(曇り) 居ても立ってもおれずホタルの撮影に!
なにしろコンパクトデジカメでもホタル撮影が可能であることを知ってから
また 前回の撮影で何とか習得できたので もっといい写真をとついつい
ホタルの大井谷へ車を走らせていた sihokoはあきれ顔でしたが 納得

駐車場に車を止めて谷の奥へと歩くのですが どうしたことか今日は人が
少なくテレビ局の人とあと数人 それがいつもの観賞場所を通り越し 奥へ
奥へと進んで行きます 聞いてみるとこの奥にもホタルのたくさん出る所が
あるとのことで 初めての所でカメラを構えて撮影にかかっとのですが
しばらくしたらテレビ局もその他の観賞客もおらず 私一人になってしまい
真っ暗な山道を携帯電話の灯りでとぼとぼ帰ってきました

今回撮れたホタルです 20枚位の合成です
2011_0621ooitanikansei.jpg
iso1600  絞り2.8 フォーカス∞ シャッター開放15秒

これを参考にもっといい写真をと思いますが 今年はもう無理かな…


posted by tomisan at 16:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月20日

ホタル撮影

私の持ってるカメラはコンパクトデジカメです ホタルの撮影には不向きだと
撮影現場のカメラマンに言われました たしかに何回も失敗しましたが
ネットで調べたらいい方法が掲載されていました 何枚も撮ってパソコンで
合成する方法です 掲載者の合成写真はきれいに撮れております 
この方法で早く撮りに行きたいとうずうずしておりましても 毎日が雨で
なんともならず とうとう昨日は小雨の中 傘をさしての撮影とあいなりました

ホタル観賞の名所・熊野市五郷町の大井谷です ここは熊野市観光課の応援の
もと地元の皆さんも雨戸を閉めて灯りをもらさず あぜ道の草刈りもして 観賞客
を気持ちよく迎えてくれます 気温やその他条件の揃った日の美しさは この世と
は思えぬほどの感動を与えてくれます 昨夜も雨にも負けず多勢の観賞客が
訪れており たくさんのカメラマンも傘をさしての撮影です

私が撮った写真です10枚ぐらい合成しました 小さな白い点もホタルです 
2009_0614hotaru4syoubu31.jpg
もっといい写真を願っております また撮りにいくつもりです
posted by tomisan at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月09日

津波に想う

東日本大震災から3ヶ月 毎日報道される被災地の状況に心が痛みます
日本中のみんなが直ぐに支援に立ち上がり行動を起こしているのに 肝心の
国の対策遅れがなんとも歯がゆくもどかしい 一日一日が大変な生活をしいられて
いるのに! 早くの復興を願っております

東紀州・熊野地方もひとごとではありません 三陸地方と地形の似た漁港がたくさん
あります かって津波で大きな災害も受けた地区もいっぱいあります いつ起こっても
おかしくない東南海大地震 地元の人々は戦々恐々としております 昨日も近くの
小学校で高台に避難する訓練をしておりました

今日配達で二木島町まで行きましたが 途中の漁港です 東日本大地震の時には
水位が1メートルほど上がりました
二木島町(二木島漁港)
2011_0609tunami0003.JPG
遊木漁港
2011_0609tunami0005.JPG

2011_0609tunami0006.JPG

私の自宅のある有馬町は七里御浜に面しておりますが14メートルの防波堤があり
入り江になってないので大丈夫と思っておりますが 東南海大地震が起きた時に津波が
来るまで10分位と想定されておりますので なんとかその間に高台まで避難出来れば
と思っています それとも2階でじっとして耐えるかな
posted by tomisan at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月04日

私には無理かも

昼過ぎに花の窟神社(日本最古の神社)に向かう大勢の古道客を見かけた
どこかの旅行社の企画で「熊野古道を歩く」そんな感じでした さっと千人ぐらい
いたのではないだろうかな? 一人に聞いてみたら まだこの先5〜6箇所に
立ち寄って 新宮の速玉大社(熊野三山のひとつ)まで歩いて行くそうです
ここから22キロぐらい先です 私とよく似た背格好の人もたくさんいましたが
わたしには無理
2011_0604kodou0010.JPG

2011_0604kodou0008.JPG
R42を挟んで獅子岩がありますが その浜側を歩いてきております
2011_0604kodou0006.JPG
正面の岩肌が御神体の大きな一枚岩です
2011_0604kodou0009.JPG
獅子岩の下 浜側へ(どうして獅子岩を下から見るの?)
2011_0604kodou0002.JPG
R42から七里御浜へ おそらく熊野古道・松本峠を越えて浜街道を通り花の窟神社
へ これが伊勢神宮から熊野三山への本来の伊勢路だからだと あとでそう思った
2011_0604kodou0003.JPG

それにしても皆さん達者です 日頃どこぞ悪いここぞ悪いと言っているのは
恥ずかしいことですね〜 私も古道探索には車でなく歩かなければ!

posted by tomisan at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月28日

ツール・ドくまの

今日は朝から雨 予定の草刈をやめて温泉へ
R311を走っていたら いたるところに交通規制の看板や 進路指示の大きな
矢印の看板 それに交通指導員の姿がいっぱいいた そうか今日は自転車
レースの日だったのか‥ UCI(国際自転車協議連盟)22のアジアツアーとして
国内チーム 海外チームが参加する国際レースです 自然豊かな熊野を舞台に
行なわれ 自転車の普及や地域振興に役立つべく 今年13回目です
ちょっと写真を撮ろうと矢印に従ってポイントを探して走行していたら丸山千枚田
まで行ってしまった そこには多勢のプロ・アマチュアのカメラマンが三脚をたて
棚田をバックに一瞬の写真を撮ろうと陣取っていました 隅っこで撮りました

先導のバイクに付いて トップの二人組が登ってきました
2011_0528turudokumano0001.JPG

2011_0528turudokumano0002.JPG

どんどん登って来ます
2011_0528turudokumano0007.JPG
近くでは大きな息吹きがきこえてきます
2011_0528turudokumano0010.JPG 
女性レーサーも数人見かけました
2011_0528turudokumano0020.JPG

2011_0528turudokumano0021.JPG
最後のレーサーはいっぱいの車を従えておりました
2011_0528turudokumano0027.JPG
一瞬の間に通りすぎて まだ上の方まで走って行きましたが 最後のレーサーは
タイムオーバーだったらしく 登りきった所でゼッケンを外されているのが見えた
2011_0528turudokumano0022.JPG

ヨーロッパではメジャーな自転車レースも日本ではまだまだでしょうが数人のスター
選手がいるようです 交通規制のしやすい地方でしか出来ないもんね〜 
posted by tomisan at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月23日

片道40分

熊野市・山間部の育生町まで弁当の配達です

熊野市社会福祉協議会からの依頼で2ヶ月に一度老人会の弁当を持って
行きます 人口270人ぐらいの町ですが毎回50〜60人の皆さんが寄ってきて
協議会の人共々近況報告やら折り紙やらでふれあいの場を楽しんでいます
今日は茶摘みで来れない人が多く 参加者は44人でした

2011_0523haitatu0001.JPG
一山越えて行きますが 山の上は霧で視界不良
2011_0523haitatu0012.JPG
山を越えたら 七色ダム 対岸は奈良県 手前の峡谷を下っていくと瀞八丁
2011_0523haitatu0010.JPG
行き交う車もなく所によってはライトが必要
2011_0523haitatu0009.JPG
いつも会場になる(かっては青年の家?宿泊ができた)配達場所
2011_0523haitatu0003.JPG
会場前から
2011_0523haitatu0004.JPG

育生町は山間部にあっても農村と云えるのかな田んぼが多く 周りの山林での林業も
あって昔はよく栄えた町です 熊野市の中でも最も過疎化の進んだ所だといえるのかも

通りからちょっと見上げた所に立派なお寺が見えました 常駐の僧侶はいないようです
2011_0523haitatu0006.JPG
posted by tomisan at 17:17| Comment(4) | 日記

2011年05月16日

赤木城

丸山千枚田の田植え祭りを見物後 2キロ程離れた所の史跡・赤木城跡に廻ってみた

赤木城 西暦1588年熊野・北山地方で豊臣秀吉の検地に反対して 地侍による
「天正一揆」が起こったことで 翌年 築城の名手藤堂高虎(江戸城・名古屋城・
津城・伊賀上野城などの築城担当)が一揆制圧のため拠点として築いた城です
こんな山間部に藤堂高虎の出番かとおもわれるも この地は新宮から大和の国
吉野に至る「北山街道」を押さえる位置にあり また当時建築ラッシュだった
豊臣政権が熊野地方の優良木材をいかに必要としていたかを物語っています

2011_0515taueakagi0007.JPG

2011_0515taueakagi0004.JPG 2011_0515taueakagi0010.JPG

2011_0515taueakagi0005.JPG 2011_0515taueakagi0011.JPG

交通の便も悪く訪れる人もない山間部ですが 景色がよく空気がよく静かで
昔の騒動が想像できない まったくいい所です


一揆制圧の際 処刑場となった田平子峠がすぐ近くにあります 363名が処刑
されました 地蔵尊に花が生けてありました
2011_0515taueakagi0015.JPG

posted by tomisan at 18:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

千枚田の田植え祭り

地域の過疎・高齢化により 530枚位まで減少していた田も 地元住民が
この素晴らしい景観と農耕文化を後世に伝えなければと「丸山千枚田保存会」を
結成 今では1340枚まで復活(かっては2200枚)しました。 紀和町ふるさと公社
では一部をオーナー制度にして 昔ながらの手作業による田植え・稲刈りを体験して
いただき 一緒になって千枚田を守っていこうという展開をしております 毎年100組
もの応募があるそうです 今年の田植え祭りには680名も参加者がありました

2011_0515taueakagi0017.JPG
熊野市長の挨拶もあり めはり寿司にぎり体験・カブトムシの幼虫プレゼント など…
2011_0515taueakagi0019.JPG
泥田に足を取られながらも
2011_0515taueakagi0028.JPG
保存会の人もお手伝い
2011_0515taueakagi0027.JPG
テレビ局も取材に
2011_0515taueakagi0022.JPG
こちらは小さい子供が
2011_0515taueakagi0030.JPG
家族の田植え姿を記念に
2011_0515taueakagi0023.JPG
こちらは神奈川からのグループです
2011_0515taueakagi0024.JPG
田植え完了の舞
2011_0515taueakagi0026.JPG

このあと6月中頃に伝統行事の虫おくり行事があります 幻想的なその風景を都合を
つけて観にきたいものです

posted by tomisan at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月13日

最後の鍛冶屋

この地方に残っていた野鍛冶屋が最後のお披露です
熊野古道・松本峠を市街地の方へ下りると親地町(漁師町)です 町の中の
古道通りを通って花の窟神社(日本最古の神社)へ向かうと 直ぐに東紀州
まちかど博物館
の「音鍛治」があります 三代にわたり百数十年続いた鍛冶屋
です 三代目は数年前に亡くなりましたが 古道を訪れる人たちは 生前は珍しい
作業風景を今は博物館となった作業場を覗いていかれます
包丁や農具や漁具 評判のいい鍛冶屋だったのですが 使っていた工具等は
熊野市歴史博物館に陳列されるようです

写真好きだった三代目の作業風景が壁にかけてありました
2011_0513otokaji0012.JPG
左のフイゴはたぬきの皮を使用しているようです
2011_0513otokaji0010.JPG
使用していた工具
2011_0513otokaji0007.JPG

公開最後の日なので 奥さんも応対にいそがしそうです
2011_0513otokaji0004.JPG


2011_0513otokaji0011.JPG

三代目は明るくて気さくないい人でした また熊野の灯がひとつ消えました


朝の有馬町の水田地帯です 雲が下りてるのでなく水蒸気が上へ登っていく
ちょっと変わった風景
2011_0513otokaji0001.JPG

2011_0513otokaji0002.JPG


posted by tomisan at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月09日

ゴールデンウイークも終わりました

熊野市の海岸部を走るR42も平常に戻りました
南紀を訪れる車での行楽客はここを通り 串本や潮岬・熊野本宮や那智の滝・
勝浦温泉や湯の峯温泉へと向かいます 熊野市はほとんど通過点になりますが
遠くから山の中を走ってきたドライバーは突然目の前に開けた太平洋や七里御浜
の雄大な景観に感動を覚え 道路沿いの花畑に心身ともに癒されます
この花の植え付けや水やりは ボランテイアで近くの方が世話をしております
(中央の岩は獅子岩です)
2011_0509hanaa40009.JPG

連休後の有馬町の水田地帯です ほとんどの田は田植えが終わっています
十数年前までは 連休に帰省してきた家族と一緒ににぎやかに 昼はゴザを
敷いた上でお弁当をひろげた光景が あちこちで見られたものです
機械化が進んだ今では 都合のいい日に一人で数時間で済ませてしまいます
2011_0509hanaa40014.JPG

私の連休最終日はsihokoの育てている花の草刈りでした 花の名前も知りません
が 目をひいた数点をちょっと…
2011_0509hanaa40002.JPG

2011_0509hanaa40003.JPG

2011_0509hanaa40004.JPG

2011_0509hanaa40008.JPG

posted by tomisan at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月05日

20年に一度のお祭り

新鹿町(車で20分)の徳司神社で「お木曳き祭り」が今日開かれました
神社の立替に使用する大木(神木)を披露する行事で 青年団の唄う木遣り唄
とともに町内を巡行します 20年に一度のことなので 仕事の合間に駆けつけ
目に焼き付けてきました

新鹿町の全景です 日本一水のきれいな海水浴場です
2011_0505tokusi0039.JPG

徳司神社
2011_0505tokusi0022.JPG

2011_0505tokusi0024.JPG

朝8時に神社を出発して午後3時頃まで町内を巡行します
2011_0505tokusi0028.JPG

2011_0505tokusi0032.JPG

2011_0505tokusi0034.JPG

2011_0505tokusi0037.JPG
青年団はこの日のために伝統の木遺り唄を何ヶ月も前から練習してきました
この祭りは青年団が主体で催されてているようです 新鹿青年団に敬意を表します
posted by tomisan at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

オープンガーデン

5月4日久し振りに京都・宇治まで出掛けようと 車を走らしたが町はずれまで
行った時 片道4時間を思うにどうも体の調子が本当ではない 2回続けた草刈りの
せいだろう〜  引き返してきた  
家でじーっとしているtomisanを見かねてsihokoが「オープンガーデン」を見に行こう
と誘いがあり予定変更となった

熊野市では「花いっぱい運動」の取り組みとして、ガーデニングを楽しんでいる家庭の
お庭を一般公開していただき、花による交流の輪を広げる「オープンガーデン」を行って
おります 11年目の今年は市内25戸のお庭が公開されております

千枚田のオートキャンプ場
2011_0505renkyuu20003.JPG

紀和町のお宅
2011_0505renkyuu20005.JPG

2011_0505renkyuu20006.JPG
2011_0505renkyuu20009.JPG

育生町の憩いの広場
2011_0505renkyuu20011.JPG

2011_0505renkyuu20012.JPG

金山町のN邸
2011_0505renkyuu20016.JPG

2011_0505renkyuu20018.JPG

2011_0505renkyuu20017.JPG


金山町のホテル熊野倶楽部
2011_0505renkyuu20021.JPG

2011_0505renkyuu20020.JPG

いつもはsihokoが一人で廻っていますが 遠くて狭い山道を通らなければ
ならない所を今日は行ってきました あとは仕事の合間をみて全部を廻る
ようです

途中に寄った 丸山千枚田  田植えを見たかったが今年は水が少なく
もうちょっと后になりそうだ 連休で観光客も多かったのにね
2011_0505renkyuu20002.JPG

2011_0505renkyuu20001.JPG

posted by tomisan at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月03日

熊野にも黄砂

日本中が黄砂におおわれているようだ
熊野自慢の景観もさっぱりだ 遠くの山がかすんで今にも雨が降って
きそうな妙な天気
2011_0503kousa0005.JPG
こんな かすんだ風景を眺めながら 今日も湯の口温泉に行ってこよう
2011_0503kousa0006.JPG
ここは御浜町・尾呂志地区 数年前にツチノコの目撃情報があり
捕らえた者には懸賞金が出るとのことだったが…
2011_0503kousa0007.JPG
すぐ横には 熊野古道の風伝峠があります
2011_0503kousa0019.JPG
温泉手前の北山川 三重県と和歌山県の県境 川原にカヌー遊びのテントが
2011_0503kousa0014.JPG
上流の瀞八丁の渓谷美を観光するジェット船が 観光客満載で走ります
2011_0503kousa0015.JPG

いつも来る湯の口温泉です 歴史は古く南北朝時代から金山発掘の地として
栄えていた当時から 近隣の人達に湯治湯として開放されていた温泉です
疲労回復や運動機能の回復などいろいろな効能がありますが 近年美肌効果
の成分が多いと売り出し中です
 2011_0503kousa0013.JPG
鉱山として栄えていた頃の遺産 トロッコは観光客を乗せもう一つの温泉
清流荘へ10分で運びます
2011_0503kousa0011.JPG

家に帰ってきたらsihokoが五月人形を飾っていました
2011_0503kousa0021.JPG

昼からは山の家に行って この前の草刈の続きをしてまた疲れた温泉に行こうかな…
posted by tomisan at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月30日

恒例の草刈開始

半年振りに様子を見に行ったかっての我が家
30年ほど前に改造して10年間住んだなつかしい住まいですが
周りが草ぼうぼうで 近所迷惑になりますのでときどき草刈にいきます
今の時期 近くの方が竹の子を掘りに来ますが 足元があぶないので!
2011_0429kusa0008.JPG
草刈前
2011_0429kusa0012.JPG
草刈り後

2011_0429kusa0018.JPG
竹の子の生える所から町がこのように臨めます
2011_0429kusa0016.JPG

去年も草刈り初日のブログがあったように思い 年が変わっても相変わらずの
生活なんだな〜と こうしたことの繰り返しで人は年をとっていくのだなと感じます
去年のブログはこちらから

山を下りた所に真言宗木本教会があり 藤の花が満開でした
植樹した人の名をとり 作次郎藤といいます
2011_0429kusakari110020.JPG


posted by tomisan at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月27日

曇りのち雨

今日はちょっと寝過ごした おかげできれいな風景を
仕事場に行く途中 名勝獅子岩の横を通ったらまんまるの太陽を見た
ちょっと曇り空ゆえ 光が広がらず一瞬満月かなと思わせるような
今日は昼から雨のようだ…  (昼ごろからぽつりぽつり 夕方土砂降り)
2011_0427sisi0001.JPG

雨が降る前にと お百姓さんも一仕事
2011_0427sisi0004.JPG

雨降りの日は お客さんの来店も少なく製造も抑えなければと気をつけていても
どうも今日は売れ残りそうだ Pm3:00
2011_0427sisi0005.JPG
posted by tomisan at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月25日

陸の孤島は昔のこと

熊野市は三重県の最南端にあり 太平洋に面しながらも市の面積の87パーセントが山林
という 人口19000人余りの小さな町です 
交通の便が悪くかっては陸の孤島と云われていました

でも今や道路網・鉄道の発達により 大阪や名古屋の大都会にも日帰りで行き来できます
私は大阪へ行くときはR169を走り 奈良県をほぼ横断して行きます これが最短距離です
近畿最高峰の原生林・大台ケ原のふもとを通り桜の吉野を経て橿原神宮を通っていきます
昨日 所用で大阪へ行きました このルートでこの風景を眺めながら 片道3時間20分

この道から始まります
2011_0424kumanosi0001.JPG
一山越えたら 那智黒石の里・神川町です
2011_0424kumanosi0002.JPG
奈良県との県境 七色ダムの上を通ります
2011_0424kumanosi0004.JPG
ここから奈良県です
2011_0424kumanosi0008.JPG
奈良県・下北山村・池原です ここにはよく来る温泉があります
2011_0424kumanosi0009.JPG
ダム湖を眺めながら
2011_0424kumanosi0010.JPG
橋も渡りながら
2011_0424kumanosi0011.JPG
トンネルも通りながら
2011_0424kumanosi0014.JPG
よく整備されたR169をひたすら走り
2011_0424kumanosi0013.JPG
左が通って来たばかりのトンネル 右へ行くと原生林の大台ケ原2011_0424kumanosi0016.JPG

ここからは 桜の吉野へ下り大阪へと向かいます
このルート 明るいうちは風景を楽しめてとってもいいのですが 帰りの
暗い時間帯に走るととっても疲れます 
鹿や猿にはよく出会います 一度ウサギをはねたこもがあります 熊に出会ったら
格闘しようかな…

posted by tomisan at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記