2015年10月25日

よう動いた休日

10月25日 今日は休業日でしたが、よく動いた一日でした。
朝6時過ぎの七里御浜を照らす朝陽
DSC00387DSC00387.JPG

山間部へと車を走らせ大好きな丸山千枚田の今を撮影、あいかわらず美しい
DSC00388DSC00388.JPG

直ぐ近くの豊臣時代の赤木城跡を遠くから〜 つい最近にも霧の中で浮かぶ天空の赤木城
が撮影され話題になっていましたが、私もいつかはそんなそんな写真を撮りたいと願う。
DSC00392DSC00392.JPG

一旦仕事場に戻り、明日の仕事の準備をした後、午後は奈良県の大台ヶ原へ紅葉
を観に行ったのですが、標高1600メートルの山頂では紅葉の見ごろは既に済んで
おり、葉っぱの散った枝ばっかりでした。一週間前に今が見ごろと聞きましたが散って
いくのも早いんだな〜、残念でした
DSC00395DSC00395.JPG

DSC00398DSC00398.JPG

DSC00397DSC00397.JPG

このごろ熊がちょくちょく見かけられ「月の輪熊に注意」の看板を見ました、ふもとの
熊野市に現れるのは此処から遠征してくるのでしょう
DSC00394DSC00394.JPG

満足な紅葉は見れなかったが、それにも勝る雄大な山景色に来たかいを感じました。
DSC00401DSC00401.JPG

DSC00400DSC00400.JPG

相変わらず山頂駐車場はいっぱいです、初級、中級、上級と登山コースがありおおぜいの
人でにぎわっていました。最近はやりのトレッキングというのかな? ハイキング姿でみなさん
楽しそうです。
posted by tomisan at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月12日

さわやかな秋

10月12日 午前中にみっちり仕事を済ませたあと、さわやかな秋日和に誘われる
ようにドライブに出掛けました、R311が生まれ変り山間部に突然に高速道路が現
れたようだ、との事で先月に開通なった新道を見物がてらぶらぶらと出掛けた。今ま
でのくねくね道が無くなりまっすぐな長いトンネルとなっています。これで白浜まで
2時間も掛らずに行けるかもな〜
北山川沿いもきれいに整備されました、
DSC00359DSC00359.JPG
瀞八丁の渓谷を観にジェット船がちょうど通りかかりました。
DSC00357DSC00357.JPG

ここまで来たら熊野本宮大社に寄り多勢の参拝客に交じってお参りしてきました。
DSC00362DSC00362.JPG

やたがらすの乗った黒いポスト、普通通り使用できるようです。
DSC00360DSC00360.JPG

大斎原の日本一大きい鳥居
DSC00363DSC00363.JPG

帰り道で丸山千枚田により、夕焼けを撮りたいと思ったが今日は真っ赤に焼けなんだ。
DSC00371DSC00371.JPG

体を大事に頑張りましょう



posted by tomisan at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月11日

神輿のお出まし

10月11日 木本神社・秋の例大祭が挙行されました、昨日の宵宮は雨がどしゃぶり
で中止となりましたが、今朝は雨も止み曇り空でしたがちょうどいい祭り日和でした。

木本神社の神様が一年に一回のお散歩ですが、乗り物が暴れ神輿です、揺さぶられたり
ぶっつけられたりは神様も公認なんでしょう、担ぎ手の若者は無礼講のこの日を楽しみ
にしております。今年は130人の神輿奉仕員が集い、重量が1トンもある日本有数の
重い神輿を見事に担ぎ終えました、ケガ人も出たようで救急車が来ていましたが、
みんなは気にもしておりません。

朝8時に神輿を先頭に各町の出しものが出て行き、空っぽの木本神社
DSC00350DSC00350.JPG

案内役の新出町の山車が神輿の来るのを待っています
DSC00311DSC00311.JPG

神輿のお出ましです
DSC00316DSC00316.JPG

右の電柱におもいっきりぶつかりました、ちょっと引いたところ
DSC00314DSC00314.JPG

神輿のあとには親地町の六法行列です
DSC00321DSC00321.JPG

DSC00320DSC00320.JPG


栄町の優雅なヨイヤ
DSC00324DSC00324.JPG



DSC00327DSC00327.JPG

井筒町の子供神輿
DSC00330DSC00330.JPG

新田町の子供たいこ
DSC00335DSC00335.JPG

お旅処の新出町の稲荷神社に到着、休憩後に神輿は目の前の熊野灘で
潮水で清めらます

DSC00337DSC00337.JPG

神社では獅子舞の奉納があり、小さな子も上手に舞っておりました。
DSC00341DSC00341.JPG

DSC00346DSC00346.JPG

(三年前の写真を借用)  ジャリ浜とお神酒で足を取られながらもなんとかな水際まで
たどり着き潮水でのお浄めです。
清め2012みこし.jpg

 
DSC00352DSC00352.JPG

このあとは木本神社までまた行列を組んで来た道でなく各町を訪れながら帰ります。
来年のさんぽを楽しみに。






posted by tomisan at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月02日

今日の夕焼け

夕方に帰宅したら西の空が異常に明るかった、10月2日の夕焼けです。
かなり男性的な感じがします。
DSC00307DSC00307.JPG

DSC00309DSC00309.JPG


朝にしても、昼間にしても、夕方にしても、天気のいい日は空を観よう〜 雲の形は
毎日違うんだから、ときには芸術的なものがあるかも=
posted by tomisan at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月28日

中秋の名月

9月28日 仕事帰りに獅子岩の所でいいものを観た、スーパームーンの中秋の
名月です。いつもよりも大きくて赤い姿で静かに熊野古道・獅子岩を照らしており
ました。
DSC00290DSC00290.JPG

DSC00284DSC00284.JPG

大昔からこういう姿が何百何千回と繰り返されていたのでしょうが、その一回を観た
ことになりますね、幸せなことなんでしょうね。

posted by tomisan at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月27日

彼岸花

20数年前に住んでいた山の家も住居下を流れる山水のため、すっかり荒れ果て
中に入ることも出来ません、雑草刈りがてら様子を見にいったら、彼岸花ばかりが
我が世とばかり咲誇りよく目立っておりました。

山の家から眺める熊野市街地
DSC00263.JPG

定番の赤い彼岸花
DSC00264.JPG

白い彼岸花
DSC00265.JPG

自宅に帰ったら珍しい黄色の彼岸花
DSC00266.JPG

ちょっと洒落て、中秋の名月をバックに、
DSC00281.JPG

DSC00268.JPG

野に咲く花で季節を感じ、もっと自然体の生活を望んでいます。
posted by tomisan at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月21日

山間部 海岸部

9月20日 連休中の熊野は観光客の車でいっぱいです、ちょっと出かけるのにも
おっくうになります、R42を通らず人の少ない処を気まぐれなドライブです。

波田須の町 全戸南向きの斜面であたたかさは熊野一です。
DSC00229.JPG

知る人ぞ知るダイビングスポット
DSC00221.JPG

徐福の宮 秦の始皇帝の命で不老長寿の薬を捜しに倭に来たのですが、台風で乗組員、
を失い、徐福がたどり着いた地、住み着き製陶などの技術も伝来した功績もあります。
DSC00223.JPG

DSC00226.JPG

新鹿町 日本一水質のよい海水浴場があります、
DSC00232.JPG

海水浴場には津波の避難塔もありますDSC00235.JPG

遊木漁港 斜面にびっしり詰まった住宅と狭い路地、磯の香が昔からの漁師町
雰囲気満点です。
DSC00242.JPG

DSC00240.JPG

二木島町 漁港は湾の奥が鉄則の条件です、でも津波の被害は特別です・
DSC00245.JPG

仕事は休みでも港には必ず寄ってくるのは、心の落ち着きのせいです。
DSC00243.JPG

沖にはいくつもの生簀があり、獲る漁から育てる漁へと転進中
DSC00246.JPG

甫母町の小さな集落にも立派な港があります。
DSC00250.JPG

奇岩の楯ガ埼は岬の向こう側です、私ではよう歩きません、波の静かなときに観光船
で海上から観ることにしよう
DSC00247.JPG

DSC00248.JPG

昼からは紀和町へ 前から気になっていた山道を15分ぐらい入って行きましたが木津呂
に数件の住宅がありましたが 行止まりでした、瀞八丁の左岸を走っていたようで下に見
える河からジェット船の音が聞こえてきました
DSC00253.JPG

赤木城跡 交通の便が悪く訪れる人もなく、草がぼうぼうでした
DSC00256.JPG

DSC00258.JPG

DSC00259.JPG

頂上からの眺めは素晴らしいものがあります


DSC00260.JPG

赤木城を語るに欠かせない慰霊碑 北山一揆の制圧に、一揆に加担した庄屋達を
だまして連れてきて処刑をした田子峠 あまりにも無惨な感じです。
DSC00255.JPG



posted by tomisan at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月13日

久し振りの丸山千枚田稲刈り

9月13日 台風で一週間延期になった稲刈り祭りですが、オーナーの参加が
少なく、地元の丸山千枚田保存会の人達が頑張っておりました。
例年は何百人のオーナー家族で賑わい、特産品のお店も数件あって、私はいつも
草餅を買っておりましたが、今年はちょっと寂しい稲刈りでした。
DSC00200.JPG

DSC00199DSC00199.JPG

DSC00211DSC00211.JPG

DSC00220DSC00220.JPG

稲刈りも終わり、ちょっと休憩のオーナー達
DSC00210DSC00210.JPG

DSC00212DSC00212.JPG

私たちの役目ももうちょっとでおわります。
DSC00215DSC00215.JPG

今年の実の出来はよかったのかな〜?


posted by tomisan at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月06日

小又田んぼアート

9月6日 今日は朝から一日中雨だった、家に居ってもたいくつなので
      ちょっとドライブ、夕方はいつも通り湯ノ口温泉です。

「ビオトープ小又」 ビオトープって何ですか? 人の手を加えない状態で
動植物の繁殖の場となり、生態系を保護することが出来る空間とのことです。

熊野市飛鳥町小又地区の「ビオトープ小又」の池<めだかの学校>には
花菖蒲、睡蓮、古代ハス、黒メダカ、の自然の様子が観察できます。
DSC00186.JPG

今は蓮の花がいっぱいです
DSC00188.JPG

すぐ隣の田んぼでは、出世魚の「ブリ」の田んぼアートがあります、「ブリ」のまわりには
熊野大花火が描かれていましたが稲の種類が違うので観賞時期が過ぎておりました。
DSC00182.JPG

DSC00185.JPG

地元の飛鳥神社です、大木に囲まれた小さな神社ですが地元住民に大事にそだてられ
てきた様子がよく伺えるきれいな神社です。
DSC00192.JPG
神木の4本杉の大木です、4本の木にはそれぞれ神の名があります。
DSC00195.JPG

熊野市飛鳥町は中心部から山間部へ15分ぐらいの所です、ふだんはあまり行きません
が、こうしてちょっと訪れると新たな発見もあります、他所にも行ってみよう〜。


posted by tomisan at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月27日

可憐な花

自宅裏のフェンスにこの頃可愛い花が咲いています。
ついこの前までは赤ガシがむさ苦しいほど茂っていたのですが、消毒をしなかった
ので病気になり、痛々しい姿が見苦しく思い切って根元から処分をしました。

寂しいので花の苗を植えたら可愛い花が次から次へと咲いてきました、自宅に
似合ないぐらいの可憐な花です、この横に毎日路上駐車しますのでその都度
癒されています。
IMG_4505.JPG

IMG_4507.JPG

IMG_4506.JPG

何でもない事でしょうが、一瞬でも平和を感じます。


posted by tomisan at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月19日

花火大会

8月18日 一日遅れの熊野大花火大会の一部です

三尺玉海上自爆

鬼ケ城大仕掛け



posted by tomisan at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月28日

暑いな〜

ここ数日は猛烈な暑さです、店の壁に掛けている寒暖計は37度を記録
しております、車道のアスファルトの照り返しと歩道には直接陽があたります。

気休めに打ち水を店頭の広範囲にしてみたら、なんと2度も下がり35度に
なりました、.ちょっと楽になったかな〜
2016_0728utimizu0027.JPG

2016_0728utimizu0026.JPG

午後4時です、今から西日が歩道いっぱいに広がり商品棚にも入ってきます、対策に
大変です。
2016_0728utimizu20028.JPG
posted by tomisan at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月20日

墓参り

7月19日 久し振りに両親と兄・姉の眠る宇治の萬福寺まで行ってきました。
黄檗山萬福寺とは日本にインゲン豆を伝えた隠元禅師が1661年に開創された
日本三禅宗(臨済・曹洞・黄檗)の一つ黄檗宗の大本山です。博多の千眼寺の
紹介でこちらの黄檗霊園に移しました。
また普茶料理(中国風精進料理)でも有名です。

今日は日差しが強く、回廊の日陰で涼んでいくことに、

総門
DSC00142.JPG

境内は二十何棟もの重要文化財の宝庫です
DSC00143.JPG

三門 
DSC00144.JPG
三門横の放生池には亀がいっぱいおります、おおきな亀が甲羅干しをしています。
DSC00146.JPG

DSC00155.JPG

天王殿 寺の玄関です 階段を上がった正面には大きな布袋尊がどっしりと。
DSC00145.JPG

回廊の正面には萬福寺の本堂・大雄宝殿(だいほうでん)
DSC00148.JPG

DSC00150.JPG

今も使われている、開版(時を報ずる)
DSC00149.JPG

回廊の中にあるお堂、ここで両親の50回忌の法要をしました。
DSC00153.JPG

本堂の釈迦牟尼沸
DSC00151.JPG

本尊の両側に十八羅漢像
DSC00152.JPG

黄檗霊園は伏見を見渡す見晴の良い所にあります、
DSC00141.JPG

大阪に住まいする娘のtamaちゃんが参った時の供花がからからになっていました、ご苦労さまです。
きれいにして元気なしきみを供えてあげました。
DSC00139.JPG

福岡の博多にも納骨堂があります(私の義母)、ほぼお寺さんにまかせきりなのが心痛いです。







posted by tomisan at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月16日

台風接近

7月16日午後4時頃の 七里御浜に押し寄せる大波
台風11号は今夕にも四国高知県に上陸のもようです、大型台風で遠く
離れた東紀州・熊野地方にも大波と大雨をもたらしています。

木本町前の防波堤に押し寄せる大波
IMG_4483.JPG

IMG_4485.JPG



IMG_4482.JPG

16日午後4時頃でこの状態で、大波と大雨が17日いっぱい続きそうです、
4年前の大雨で氾濫した市内の井戸川も危険なくらいの水量だと聞いて
おります、心配だ〜  何事もなく済んでほしいと祈るのみ!!
posted by tomisan at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月28日

変わり夕焼け

6月28日夕7:15
夕食を終えて、さ〜テレビを楽しみましょうと座った時、突然東側の窓が赤く
染まりました、夕焼けです。手元にあったカメラを持って2階の窓から西側の
空を観ましたが何の変化もありません、どうやら太陽の沈む西側には光の
光る雲がなく、頭上を越えて東の雲で焼けたみたいです。
DSC00137.JPG
白い点は月です
DSC00136.JPG

何でもないような事ですが、平和な私です。
posted by tomisan at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記